いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

【30代不妊治療15・16話】次のステップへ #4コマ母道場

34歳で子宮の疾患が発覚し、妊娠するなら急ぐべきと医師から勧められた不妊治療。何軒かの病院を受診したのち、体外受精に進むために転院した病院では人工授精からスタートすることに。しかし長時間の待ち時間や妊娠しやすいよう頑張った体調管理などで疲労はたまり……。
当時を振り返りながら私の不妊治療体験記をお届けします。

第15話 タイムリミット

15-115-2
15-3
15-4
治療に一生懸命で旦那からどう見えているのかは考えていなかったので旦那の提案には驚きましたが、期限を決める話し合いができたのは良かったと思います。

第16話 焦り

16-1

16-2
16-3
16-4
病気が分かったときからいつか自分も子宮全摘出をするのかもしれないという覚悟はあったのですが、当時の母の年齢に片手で収まるほど近づいたことで急に焦りが出ました。
次回からいよいよ体外受精ですが一筋縄ではいきません。

漫画・水戸さゆこ

水戸さゆこの記事一覧ページ

ママスタセレクト編集部がお届けする4コマ漫画「母道場」、インスタグラムでもお気軽にフォローしてくださいね! インスタグラム「#4コマ母道場」をフォロー

関連記事

【30代不妊治療13・14話】人工授精スタート!でも病院が今日も混んでいて……? #4コマ母道場
34歳で子宮の疾患が発覚し、妊娠するなら急ぐべきと勧められた不妊治療。何件か病院を受診し体外受精を勧められ、体外受精のできる病院へ転院しました。 しかしそこでは体外受精までしなくても大丈夫と言われ、...
【30代不妊治療11・12話】いざ体外受精……? #4コマ母道場
34歳で子宮の疾患が発覚し、妊娠するなら急ぐべきとすすめられた不妊治療。心が折れて不妊治療を休んだものの、親身になってくれる先生と出会い、再び治療を再開することに。しかし体外受精にステップアップするよ...
【30代不妊治療9・10話】不妊治療再開 #4コマ母道場
34歳で子宮の疾患が発覚し、妊娠するなら急ぐべきと勧められた不妊治療。紹介状をもらった不妊外来で治療をしていたのですが、先生の言葉に心が折れて不妊治療を休むことに……。 当時を振り返りながら私の不妊...