いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

園芸が苦手でも大丈夫!「再生野菜」のキッチンガーデニングは気軽に楽しめる

草花は本来好きだけど、一般に生命力の強いサボテンすらも枯らす園芸下手。そんな私ですが、最近、キッチンガーデニングというものを始めてすっかりハマってしまっています。

園芸が苦手でも大丈夫!「再生野菜」のキッチンガーデニングは気軽に楽しめる

大根や人参などの切った頭の部分を水につけておけば葉っぱが伸びてくること、伸びた部分も食べられることはご存じの方も多いのではないでしょうか。私も「野菜の端を捨てるのがもったいない」と感じたときに育てたことがあり、野菜の切れ端からニョキニョキと葉が伸びてくるのはおもしろいと感じていました。仕事柄、家に引きこもってばかりの自分には緑は良い癒しで、食べるよりも観察することがメインという感覚でした。

しかしある日、ふと急に捨てるのがもったいないように感じました。農家さんのように栄養たっぷりに育てることはできないけれど、これは、どんどん育てて取り入れていこう! と他にも、キッチンガーデニングが可能な野菜を育てていくことにしました。

園芸が苦手でも大丈夫!「再生野菜」のキッチンガーデニングは気軽に楽しめる

野菜を育てている容器は、大根やニンジンなど置いて安定するものであれば、ミニサイズの豆腐のパック(3個1セットのもの)に。小松菜などの不安定なものは500mlペットボトルの上部を切って逆さにし、そこに野菜を差し込んで栽培しています。葉が伸びてくると同時に根が生えてくる様子も見ることができるので、息子と楽しく観察しています。容器はせっかくガーデニングするなら可愛い器で……とも思いますが、汚れたときにすぐ処分できるものだと楽です。
再生しようとする野菜にも生命力の違い(?)があって、急に傷んだりもしますしね……。毎日水を取りかえるだけ、もし失敗したとしてもショックが少ない。そんな特徴が私にとっては気軽でいいなと思っています。

しかも子どもも植物のお世話ができます。

園芸が苦手でも大丈夫!「再生野菜」のキッチンガーデニングは気軽に楽しめる

見て触れて楽しく、食べて体には優しい。なんとも良い趣味を見つけることができました。他にもたくさんの野菜が再生できるようなので、少しずつ種類を増やして楽しんでいきたいです。

そこまで本格的でなくてもいいからキッチンに緑が欲しい人、簡単に始められるので、一度試してみるのはいかがでしょうか?

文、イラスト・Ponko

関連記事

両親の離婚で20年会えなかった無口な祖父が、ずっと大切にしていた孫への思い
父方の祖父は昔から無口な人。私は祖父と遊んだことはおろか、話した記憶すらほとんどありませんでした。 祖父は温厚な人で、怖いわけではありません。しかし祖母や他の親戚たちのように孫の...
妹の結婚式に参列したくない。理由は義弟の浮気……!
先に入籍を済ませた妹の結婚式が近々あります。しかし私は参列したくありません。 原因は義弟にあります。 初回の浮気を妹に許されたのをいいことに、その後も義弟は別の女性と浮気をしていました...
信頼していた保育士さんの本音を聞いてしまった。厄介者扱いされたという気持ちが消えない……
私は現在、生後8ヶ月の息子を小規模保育園へ預けて働いています。 保育園では母乳の持ち込みはできないため、入園前から哺乳瓶で粉ミルクを飲む練習をしていました。生後6ヶ月で入園して2週間後には哺乳瓶...