いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

第一子妊娠中、余命2ヶ月の母から初めて明かされた私の出生の秘密

私が第一子妊娠中のこと。実母が末期がんに侵されていることがわかり、地域で一番大きな病院に入院することになりました。
母から初めて明かされた1
訂正母から初めて明かされた2そしてポツリポツリと母が語り始めたのです。

母から初めて明かされた3
安静にしていると1日がとても長く感じて、何もすることがなくて本当に暗い気持ちになること。健康で元気に歩いている妊婦さんがうらやましく見えること。まだ生まれないで……28週まで持ちこたえて……30週まで持ちこたえて……。お願い、あとちょっと……とカレンダーを見つめながら、ひたすら祈り続ける日々。
母から初めて明かされた4

訂正母から初めて明かされた5
それから2ヶ月後、母は赤ちゃんを見ないままあの世に旅立ちました。母にとっては初孫でした。生まれたのは女の子で母の面影がかすかにありました。母が何ヶ月も入院して、必死に私を生んでくれた。そして私が孫の女の子を生んだ。母が繋いでくれた命のバトンは、今、確かに私の子どもへと繋がっています。

脚本・大島さくら 作画・かねはまあさみ

関連記事

妊娠中に最愛の実母が天国へ……実母と一緒に出産を迎えられる人が羨ましい
しかし運命は残酷なもので、実母は私が第一子を妊娠中に、癌で亡くなりました。   母にとって待望の初孫だったのに、ひと目会う事すら叶いませんでした。残されたのは、昭和の男で...
気付けなかった、大嫌いな父の本当の愛情【前編】
私は父のことがとても嫌いでした。三人姉弟の長女だった私は、いつも父から叱られてばかりいました。勉強で分からないところがあると、深夜まで付きっ切りで叩きこまれました。運動でできないところがあれば、無理矢...
気付けなかった、大嫌いな父の本当の愛情【後編】
父が白血病だったなんて、知りませんでした。 急いで実家に帰ると、私が出て行ったときから何も変わっていない実家の風景がありました。ただそこに、いつも縁側でタバコを吸っていた父の姿がないだけ。 父とは...