いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

気付けなかった、大嫌いな父の本当の愛情【後編】

父が白血病だったなんて、知りませんでした。
急いで実家に帰ると、私が出て行ったときから何も変わっていない実家の風景がありました。ただそこに、いつも縁側でタバコを吸っていた父の姿がないだけ。
父とは3年以上会っていませんでした。いったい、父はいつから病気だったのか……。
気付けなかった、父の本当の愛情【後編】

「元気にしとるか? お前が戻ってくる気があるならいつでも帰ってこい。お前と光(私の息子)の面倒くらい俺が見てやる。つらいと思っとるなら戻ってこい。あと、今まで嫌な思いばかりさせてスマンかったな』と書いてありました。
すると母が……。

気付けなかった、父の本当の愛情【後編】

母:「お父さん、あなたには特に厳しかったわよね。でもね、それはあなたがいずれ“母親”になるって思っていたからなのよ。あなたにしっかりとした知識や教養を身に付けさせておくことは、あなたのためにもなるし、いつかあなたが母親になったとき、子どもにもいろいろ教えてあげられたり、何かあったときに、ひとりで子どもを支えていけるだけのチカラにもなるでしょ?だからなのよ」

結局、旦那と離婚してしまっても、いま私はひとりで息子を育てることができている。そう、それは厳しい父からの愛情だったのだ。
仕事で毎日遅くまで働いて疲れているのに、深夜まで私に勉強を教えたり、休みの日もずっと付き合ってくれた父。それがどんなに大変だったか。
今になって、その愛情がひしひしと伝わってきて、厳しくて嫌で嫌でたまらなかったけど、でも……でも……本当は大好きだった父が、もうこの世にいないことを実感し、涙がボロボロ溢れてきてしまいました。

気付けなかった、父の本当の愛情【後編】

脚本・渡辺多絵 作画・んぎまむ

前編はこちら→気付けなかった、父の本当の愛情【前編】

関連記事

気付けなかった、大嫌いな父の本当の愛情【前編】
私は父のことがとても嫌いでした。三人姉弟の長女だった私は、いつも父から叱られてばかりいました。勉強で分からないところがあると、深夜まで付きっ切りで叩きこまれました。運動でできないところがあれば、無理矢...
妊娠中に最愛の実母が天国へ……実母と一緒に出産を迎えられる人が羨ましい
しかし運命は残酷なもので、実母は私が第一子を妊娠中に、癌で亡くなりました。   母にとって待望の初孫だったのに、ひと目会う事すら叶いませんでした。残されたのは、昭和の男で...
突然やってきた父の認知症……親の介護と乳幼児の育児・ダブルケアの大変さ
母との離婚後、私とは10年ほど疎遠になっていた実父。遠方ゆえ、会うのは1年に1度くらいでした。 まだ60代も前半、元気にしていると思っていたら、その日は突然やってきました。 上の子の入園準備で...
参考トピ (by ママスタジアム
2年前の秋に旦那亡くなったんだけど