いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

気付けなかった、大嫌いな父の本当の愛情【前編】

私は父のことがとても嫌いでした。三人姉弟の長女だった私は、いつも父から叱られてばかりいました。勉強で分からないところがあると、深夜まで付きっ切りで叩きこまれました。運動でできないところがあれば、無理矢理連れられ、縄跳び、逆上がり、かけっこ、マラソン……。
食事中の作法も、日常生活における礼儀も。何でも厳しく教え込まれていました。父は本当にとても厳しかったです。
気付けなかった、父の本当の愛情【前編】
なんでこんなことを言われなくちゃいけないんだろう……。もっと上を目指せって……いったい「いつまで」頑張らなくちゃいけないんだろう……。父の厳しさに対し、いつも疑問と不満でいっぱいでした。
幸い母は優しく、父に叱られて落ち込んでいる私を見ると、陰でこっそりフォローを入れてくれていたので、なんとかやってこれていました。

しかし、その後も父とは進学の度にぶつかり合うことに。
気付けなかった、父の本当の愛情【前編】
はじめて旦那を父に会わせたとき、頑なとして父は「俺は認めない。アイツはやめておけ。」の一点張り。
私:「どうしてお父さんは、私のすること何でも反対するの?彼の何がいけないの?」
父:「お前には合わない。アイツとは幸せになれない。それだけだ」
そのとき私の中でなにかかプツリと切れた気がしました。もうこれ以上、父の言いなりにはなれない。

気付けなかった、父の本当の愛情【前編】
私は半ば強引に結婚を決め、家を出て行きました。
やがて子どもも生まれ、これからもっと幸せに……というときに、旦那の借金浮気癖が発覚。旦那はとても優しかったのですが、その一方で優柔不断で誰にでも優しいだけの男性だったのです。
結局離婚することになり、今は働きながらひとりで息子を育てています。

両親とは母とごくたまに連絡をするくらいで会っておらず、どうせ会っても父からまた「ほら、みたことか」と言われ、喧嘩になるのがイヤでした。けれど子どもが1歳になる頃に、実家から久しぶりの電話がありました。
父が白血病で亡くなったと。
私は急いで実家に帰りました。そこで私に待っていたのは、父の本当の姿だったのです。

後編へ続く

脚本・渡辺多絵 作画・んぎまむ

関連記事

気付けなかった、大嫌いな父の本当の愛情【後編】
父が白血病だったなんて、知りませんでした。 急いで実家に帰ると、私が出て行ったときから何も変わっていない実家の風景がありました。ただそこに、いつも縁側でタバコを吸っていた父の姿がないだけ。 父とは...
亡くなったおじいちゃんからの「出産祝い」
その姿をハッキリと見たわけではないので、もしかしたら単なる「偶然」が重なっただけかもしれませんが、そうやっていつも心の中には「おじいちゃん」が見守ってくれている。主人も...
不思議なおばあさんがくれたネックレス【前編】
私はいま、1歳半の子供を育てているママです。バタバタを過ぎていく毎日に、正直疲労を隠せません。育児の現実に押しつぶされそうになっているとき、不思議なおばあさんに出会いました。 なんだこのおばあさ...
参考トピ (by ママスタジアム
2年前の秋に旦那亡くなったんだけど