いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

幼少期に育ててくれたひい祖母との最後の約束

私の両親は共働きだったので、昼間は母の実家に預けられていました。その間、ひい祖母と祖母が私の世話をしてくれていました。当時3歳だった私はあまり喋らない寡黙な子どもでした。そんな私にひい祖母は根気よく話しかけてくれました。
ひい祖母との約束1
そして私にこっそりとあるお願いを託してくれたのです。

それから5年後。私が8歳のとき、ひい祖母は急逝しました。

これから出棺というときに……。
ひい祖母との約束2
肩凝りがひどいひい祖母が肩叩きとして使っていたものでした。棺の中に入れてもらうと、私はホッとしたような満足した顔。普段は大人しい娘がどうしたんだろう……とばかりに不思議そうな顔で私を見る母に対し……。

「ひいばあばが“もし自分が死んだら棺に入れて”と言ったの」と私。親や親戚は「私とひい祖母の約束」について知らなかったので、本当にびっくりしていたそうです。

ひい祖母との約束3
なかなか話さない私に「いつか話すかも」と信じ続けてくれたこと。優しい愛情を向けてくれたこと。大人になった今でも、ひいばあばには感謝の気持ちでいっぱいです。

文、イラスト・猫田カヨ

関連記事

地域との関わりで言葉が増えていった娘……ご年配の夫婦が教えてくれた大切なこと
娘は3歳になっても語彙がなかなか増えません。 挨拶さえもおぼつかない状態で、来年には幼稚園に入園予定だったので当時はとても心配でした。 そこで児童館のかわりにほぼ毎日近所の商店街に出かけました...
20年前に死んだ父は、今も私を見守っている
私が小学生の頃、父は40歳という若さで亡くなりました。 それから約20年後……私は就職を機に上京し、職場で出会った男性と結婚。今は2人の子どもに恵まれました。 父が亡くなってかなりの年月が経ち...
不思議なおばあさんがくれたネックレス【前編】
私はいま、1歳半の子供を育てているママです。バタバタを過ぎていく毎日に、正直疲労を隠せません。育児の現実に押しつぶされそうになっているとき、不思議なおばあさんに出会いました。 なんだこのおばあさ...