いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

小学校の卒業文集。ママが嬉しかった将来に向けて綴られていたことは?

卒業文集_001

娘は今、私と同じで絵を描くことに夢中です。
卒業文集_002

卒業文集_003
私の母はわりと心配症で、私を良い子に育てようとしていたので、その期待に応えようと苦しかった記憶があります。娘に対しては、あまり追いつめないようにしてるので、今は絵を描くことに夢中で自分で夢を選ぼうとしてるなって思っています。

また、卒業文集の文章を娘が自分で考えて、書いていたことに感動しました。自分で絵の努力が足らないと気付いて「絵を毎日練習しよう!」と決心して練習している、と……誰かに求められてではなく、自分で自分の夢に向けて努力してるのがすごいなぁと思いました。普段、娘から私に絵の描き方も向こうからどうしたらいい? と尋ねてくるので、そういう自然なやる気がすごく大事だと思っています。

文、イラスト・久坂さくら

久坂さくらの記事一覧ページ

関連記事

大変だった頃がなつかしい。電車で泣く子をあやすママを見て感じたこと
ある日、電車で泣いている赤ちゃんを抱っこするママを見かけたとき、小学校5年生の娘が赤ちゃんだった頃のことを思い出しました。 赤ちゃんの頃はなかなか寝ないに加え、理由が分からないの...
小学生の娘が考えた、率先して頑張れるお手伝いの方法とは
つい心の叫びを口にしたことは大人気なかったですが、娘が私の気持ちを考えてくれるようになってくれて嬉しかったです。 お小遣い制度よりも働いてお金をもらう方法を選択するなんて、なんと...
小学生の娘と同い年の愛犬。子どもに慣れされるために妊娠中にママが心掛けたこと
我が家のには娘より半年だけ早く生まれたトイプードルがいます。 生まれたときから一緒にいて、過ごしているからか、自然とお互い「家族」という感覚でいるようです。 娘が生まれてから犬と子どもの仲...