いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

専業主婦でいることに引け目を感じるけれど、働くことにも迷いが……。ママたちから届いたアドバイスとは

pixta_43042876_M

結婚する前は仕事をしていたけれど、結婚を機に仕事を辞め、専業主婦になったママもいるでしょう。専業主婦になって14年というママが「まともに仕事をしたことがない。このままでいいのかな……」と不安な胸の内を明かしてくれました。

『結婚してからずっと主婦です。主婦歴14年、子ども2人、働いたことがあるのは高校生時代のアルバイトと卒業後の数年。何もしていない自分に最近不安になってきた。でも、今までまともに働いたこともないのに今更何ができるんだろうとか考えると躊躇する。同じ様に主婦やっている人、不安になったりしませんか?』

専業主婦歴が長くても、今から仕事を始められる?

『私と全て一緒! 主婦歴14年、子ども2人。職歴なし。16歳くらいのときにバイト少ししただけ……。履歴書書くことないよね』

『本当に履歴書に書くことないから、もう働くの無理かも』

『わかるわかる。全く一緒。不安で仕方ないよ』

ママたちからは、不安を感じる投稿者さんに共感する声が寄せられました。仕事をしていない期間が長くなればなるほど、「自分にできる仕事が今、あるのだろうか」と不安になってしまいますよね。家庭のことや育児を優先したいと考えるからこそ、選択肢は少なくなるのではと想像してしまうのかもしれません。

千里の道も一歩より!少しずつ仕事を始めてみたママたち

『私も専業主婦10年目。子どもは末っ子が来年幼稚園に入る。今まで働く気なかったんだけど最近考えが変わって働いてもいいなぁと思えてきて、9月の終わりからとりあえず内職始めてみた』

『私も全く同じ感じ。上の子が中学生になって手が離れて、下が小学生だけどこの子の手が離れたら私1人になって暇になり、そのときから働こうと思っても経験ないし、雇ってくれるところがなくなりそうと怖くなり、働きに出ました。服が好きなのでアパレルでパートしてますがとても楽しいですよ!』

『私もそんなんだったけど、日雇いの内職みたいのからリハビリ初めて今は正社員だよー』

「千里の道も一歩より」ということわざがありますね。壮大な事業や目標も手近なところから着実に行わなければならない、という意味です。専業主婦からいきなり正社員というのはハードルが高いかもしれませんが、パートや内職といったところから始めてみる方法もあります。実際に日雇いの内職からスタートして正社員になったママがいました。

(参考:実用ことわざ新辞典 ポケット版(高橋書店)「千里の道も一歩より」)

迷いがあるなら「今ではない」のかも

『不安ですよね。でもいざバイト募集などを見ていると自分に何ができるんだと思い、いざいいなと思っても、じゃー子どもはどうするんだ。のループで結局何も始まらず』

『心配なら小学生になるまで待っても良いね』

『投稿者さんはきっとまだそのときじゃないのよ。働かなくても生活できてるなら無理にあくせく働く必要ないんじゃない? 私は子どもが中学生になるとともに働かざるを得なくなったから働いているけどね。働いていないことに引け目を感じる必要ないとも思うしさ』

『人と比べて焦ることは人間だからあることだけど、周りも結婚・出産と焦っているかもしれないよ? あなたが普通に生活できて不自由なくやっているなら私はそれでいいと思う!』

「パートや内職はどう?」というママたちからのアドバイスを受けてもなお、子どもを預けることに不安があると素直に悩みを打ち明けた投稿者さん。それなら、と送られたママたちからのさらなるアドバイスは「迷いがあるなら働くのは”今”ではないのでは」でした。迷いがあると仕事に応募するのもなかなか行動が起こせなくなるでしょう。子どもが成長するなどしてママが動きやすい環境が整うのを待ってもいいのかもしれませんね。

”稼いでいない”専業主婦の重要な役割を考える

投稿者さんが専業主婦でいることに引け目を感じる理由を考えたとき、はじめに浮かぶのはやはり”稼いでいない”ことかもしれません。では”稼いでいない”専業主婦は、社会に対して何も還元していないのか、というとそうではありませんよね。仕事をする旦那さんを支え、子どもを育て、家庭を支えることが専業主婦のひとつの”仕事”と言えるでしょう。

確かに見えづらく評価されづらい仕事かもしれません。しかし専業主婦がいなければ家庭が成り立たないこともあるはずです。なくてはならない存在なら、目に見える経済的な成果がなくても引け目を感じる必要はまったくないのではないでしょうか。

専業主婦でいることに引け目を感じないで

ママたちからは専業主婦でい続けることに不安を感じる投稿者さんに共感するコメント、さらには働くことに背中を押すようなコメントもありました。それでもなお働くことを迷う投稿者さんには「迷いがあるなら無理に働くことはないよ」という優しいアドバイスもありました。専業主婦という立場を一度経験したママたちは、投稿者さんの揺れる心情をよく理解してくれていましたね。専業主婦だって社会を支えるなくてはならない存在です。心の底から”働きたい”と感じたり、迷いがないほど環境が整ったりした段階で仕事を探せばいいのではないでしょうか。ママたちが教えてくれた、少しずつ始められる仕事の選択肢も、ぜひ参考にしてくださいね。

文・しのむ  編集・一ノ瀬奈津

関連記事

専業主婦の仕事を年収にすると〇〇円!この結果は納得?
食事の支度や掃除に洗濯、買い物や後片付け……。主婦の仕事は、土曜だろうと日曜だろうと関係なしに、365日休むことなくありますよね。それに加えてお正月やGW、夏休みなどの長期連休が重なると、さらに忙...
専業主婦の家庭でも家事分担は当たり前の時代!?カジメン・イクメンここにあり
専業主婦の役割は、働きに出る旦那さんを支えながら家事や育児などをこなすことがひとつはあります。ただし、家事とひと言でいってもその作業量を測ることは難しいでしょう。主なものでは、掃除、洗濯、買い...
仕事をしながら家事育児をするママを尊敬します!働くママはどうやって両立しているの?
ママとひと言でいってもフルタイムでお仕事をしているママもいれば、パートタイムで働くママ、仕事をしていないママもいるでしょう。ママそれぞれの立場から仕事や子育てにおける考え方があるはずです。ある...
参考トピ (by ママスタコミュニティ
まともに働いた事が無い