いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

出産前後は余裕があったけど……その後が大変だった2回目の無痛分娩体験談

麻酔で陣痛が遠のいたり、結局いろんなところが痛かったりして、初めての無痛分娩はなんだかうまくいきませんでした。

しかしいろいろ考えて、2回目も無痛分娩を選択しました。今回は無事にお産が進み……。

繧ウ繝溘ャ繧ッ_001

そして、産後の処置はいつ終わるかな〜、なんて考えていたら……

繧ウ繝溘ャ繧ッ_002

※弛緩出血とは……『赤ちゃんと胎盤がお腹から出た後、本来なら子宮が収縮することで止まるはずの出血がえんえんと続いてしまう状態のことをいいます。(国立成育医療研究センターのウェブページより引用)』

さらに処置。痛くて呻きまくる私。麻酔で抑えられていた陣痛より処置の方が痛かったです。終わったと思って休んで夫と話していたらまた出血してきてまたまたさらに処置。(おそらく麻酔が切れてくるタイミングだったから痛かったのだと思うけれど、記憶はおぼろげです。処置の詳細もおぼろげなのでここでは描いていません。)

そうして、温存できていたはずの体力と精神力がゴリゴリと削られていきました。

繧ウ繝溘ャ繧ッ_003

一段落したとはいえ、ぐっすり眠るというわけにはいかず……。地味につらい一夜となりました。夫はその日は帰宅。翌朝、面会開始時間を待たずに私の介助のために来院してくれたのでした。

次回に続く。

文、イラスト・きたがわなつみ

※この漫画は一個人の体験談です

きたがわなつみの記事一覧ページ

関連記事

2人目の出産で計画無痛分娩を選んだ理由。前回の経験を活かしてお産は進む……!
麻酔で陣痛が遠のいたり、結局いろんなところが痛かったりして、初めての無痛分娩はなんだかうまくいきませんでした。 『「無痛分娩」は陣痛の痛みを麻酔を使って和らげるお産の方法です(引用:厚生労働省パンフ...
義母に出産の立ち会いをされ、なおかつ笑い話にされてショック……。気持ちを持ち直すためにすることは?
みなさん、出産をするときにバースプランを立てましたか? 例えば、リラックスして陣痛を乗り越えるためにアロマを炊いたり好きな音楽を流したり……。旦那さんの立ち会いを希望するなど、ママとその家族が具体的な...
出産後に副乳を発見した話。噂には聞いていたけどなんじゃこりゃー!
皆さんはご存じですか? 「副乳」というものを。 私もその存在こそ知っていたものの、まさか自分にあるなんて思ってもいませんでした。そう、出産するまでは……。 左脇がまぁぼっこ...