いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

痛くない出産のはずが……結局いろんなところが痛かった「無痛分娩」体験談

私、「無痛分娩」に2回チャレンジしています。

『「無痛分娩」は陣痛の痛みを麻酔を使って和らげるお産の方法です(引用:厚生労働省パンフレットより)』

無痛分娩1回目(娘出産時)は「産後の回復が早いなら」という理由で選択しました。それが実際どんな様子だったかというと……。

繧ウ繝溘ャ繧ッ_001

※おしるし……『お産前の準備段階で起こる出血のことです(引用:「国立成育医療研究センターホームページ」)』
※前駆陣痛……『分娩が近まった生理的兆候(引用;日本助産学会誌 J. Jpn. Acad. Midwif., Vol. 24, No. 1, 96-107, 2010 )』
バルーン……子宮口を広げる器具です。

繧ウ繝溘ャ繧ッ_002

陣痛促進剤(上記では促進剤):『陣痛誘発及び陣痛促進等を目的に使用される薬剤(引用:独立行政法人医薬品医療機器総合機構 資料より)』

繧ウ繝溘ャ繧ッ_003

副乳……『生まれつき乳房の数が多いのを多乳房症といい、過剰な乳房を副乳といいます(一般社団法人 日本形成外科学会「副乳」)』(私の副乳について

後陣痛……『子宮収縮の痛み(引用:平成30~31年厚生労働科学研究費補助金を受けた研究班のサイト「ヘルスケアラボ」)』

 

ちなみに縫ってもらった会陰の糸がひきつれてしまいずっと痛くて……。溶ける糸で縫ってあったのですが、産後2週間の検診で溶けきるのを待たずに抜いてもらいました。

結局、1回目の出産は「無痛分娩」の恩恵を受けられたのかなかったのか……。なんとも言えない結果となりました。

スタートダッシュでつまずいたような感覚でしたが、ドタバタの慣れない1人目育児、出産の結果にこだわって立ち止まるわけにいきません。一生懸命やっているうちに時は過ぎ、私は再び妊娠しました。切迫流産を乗り越えたりしながら、出産の時となりました。

2回目の出産に選んだのも、無痛分娩でした。続く。

 

文、イラスト・きたがわなつみ

※このエピソードは一個人の体験談です。

関連記事

第2子切迫流産、一家のインフルエンザ……家族みんなで困難を乗り越えた体験談
娘、生後10ヶ月。2人目もそろそろだね、と夫婦で考えていた頃のことです。 私はなんだか体に違和感を覚えました。娘のときと同じように、生理予定日前から歯磨きの時に歯茎からやたら出血したので、「これ...
出産後に副乳を発見した話。噂には聞いていたけどなんじゃこりゃー!
皆さんはご存じですか? 「副乳」というものを。 私もその存在こそ知っていたものの、まさか自分にあるなんて思ってもいませんでした。そう、出産するまでは……。 左脇がまぁぼっこ...
妊娠経過が順調だったのに臨月に急変、帝王切開に至ったわたしの出産記録
※妊娠高血圧症候群……『妊娠20週以降、分娩後12週まで高血圧がみられる場合、または、高血圧に蛋白尿を伴う場合のいずれかで、かつこれらの症状が単なる妊娠の偶発合併症によるものでないもの(日本産科婦...