いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

出産後に副乳を発見した話。噂には聞いていたけどなんじゃこりゃー!

皆さんはご存じですか? 「副乳」というものを。

私もその存在こそ知っていたものの、まさか自分にあるなんて思ってもいませんでした。そう、出産するまでは……。

左脇がまぁぼっこぼっこと腫れていること! まるでテニスボールとビー玉でも入っているようです。そして痛い! 腕を動かすのも痛い!

そしてヨタヨタと助産師さんに相談しにいくと……。

副乳とは
過剰な乳房のことを言います。哺乳動物の乳房のある位置に相当するところに見られることがほとんどだそうです。手術で取り除くこともあります。

母乳が生産されていたとしてもしぼることもできないのでひたすら冷やすしかありませんでした。退院してからも数日の間はかなり苦しい思いをするハメに。

私の副乳は乳首らしきものがあるのかないのかもよくわからない状態なので、それまでその存在に全く気づいていませんでした。それがこんな人生最大にぼろぼろになる時に追加の痛みとして発覚しなくても!という気持ちにならなくもありません。

副乳持ちの妊産婦さん、あなただけじゃないです。私も仲間です。

文、イラスト・きたがわなつみ

関連記事

出過ぎたおっぱい、乳腺炎に悩む日々……助産師さんから学んだ「情報過多の時代に身につけたい力」
ママになる前は、自分と赤ちゃんとの平和な授乳シーンを想像していませんでしたか? 私もその一人だったのですが、そうもいかず授乳には苦労しました。 産院から退院してすぐのこと。胸が岩のように硬くなり...
私の結婚に反対し続けた「母の愛情」
私は上から6歳、4歳、1歳の3人の息子の母をしています。 結婚する前から長男を産むまで、実家とは絶縁状態でした。それは旦那に先天性の病気があったことがきっかけで、結婚が反対され続けてきたのです。...
人生初の乳腺炎!授乳が怖くなった私を励まし続けてくれた助産師さんの言葉
  文、イラスト・おんたま...