いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

「子育てで後悔したこと」ってある?第1位は勉強やしつけではなかった!

pixta_34811952_M

よく言われるのが「子育てに正解はない」という言葉です。「もしも」を考えはじめたらキリはなく、そのときどきで親子が選んできたものがその子にとっての「答え」になるのでしょう。ただ、もしかすると親にとっては「あのとき、こうしておけばよかった」「もっとできることがあったのに」と、後悔することはありそうです。

先日発表されたのが、子育ての後悔に関するアンケート調査の結果です。まだ幼い子どもを持つママにとっては、今後の参考になることが見つかるかもしれません。

「もっと、こうしておけば」子育てで後悔している人は約7割

調査を行ったのは医学部専門予備校「メディカルフォレスト」を運営する「株式会社クリエイティブエデュケーション」。子どもを持つ40代以上の男女を対象にしたものです。

まずは「子育ての中で後悔をしたことはありますか?」という質問です。
「はい」と回答したのは70.5%、およそ3人にふたりが「後悔している」という結果になりました。
main
「はい」と答えた人にその内容について尋ねると、もっとも多かったのが「コミュニケーション(33.0%)」。勉強やしつけなどを抑えての、トップとなりました。思春期になれば自然と子どもは親離れしていくものですが、「うちの子はなにを考えているのだろう?」と悩む親も多いのでしょう。
次いで、やはり「勉強(24.7%)」、さらに「過保護にしすぎた(20.2%)」と続きます。子どもとしっかりコミュニケーションを取ることと、甘やかすことはまったく違うのだなと思える結果です。

さまざまな挑戦を通して、子どもの「大好き」を見つけたい

どうして子育てを後悔することになったのか、きっかけについても聞いています。

トップは「熱中する趣味がない(29.4%)」。アンケート回答者の多くが、子どもの進路に悩む世代ゆえの回答かもしれません。小さなころから熱中できる大好きなものがあれば、そこから将来へとつながる目標も見つけやすくなるでしょう。逆にそれがなければ、将来へのビジョンが定まりにくくなりそうです。

第2位以下のきっかけは、「受験失敗(15.5%)」、「引きこもった(7.1%)」、「定職につかない(6.9%)」と、ネガティブなものが並びました。とはいえ受験に失敗したからといって次点で選んだ選択肢までもが「失敗」とは、かぎりませんよね。そこから親がどんなふうに子どもに寄り添っていくのか、新たな子育てのステージがはじまるのかもしれません。
sub1
それもふまえて尋ねたのが、「子育てでやり直したいこと」について。
ダントツで多かったのが、「さまざまなことに挑戦させる(43.3%)」という回答でした。後悔した理由としてもあげられた「熱中できる趣味」を見つけるために、たくさんのトライをさせたいと考える人が多いよう。幼い子どもを育てるママたちは、仮に子どもがなにかに興味を示したとしたら否定から入るのではなく、それを広げる方向で考えてあげたいものですね。

次いであがったのが、「家族の時間を多く取る(20.8%)」。こちらも後悔しても、取り戻せないもののひとつです。意外に少数派だったのが、習いごとや勉強です。これらはすでに子育ての一環としてやっていた家庭が多いと考えられそうです。

「子育てでやっておけばよかったこと」としてもっとも多かった、「さまざまなことに挑戦させる」。実際にあれもこれもやらせてみようと思えば、費用も時間もかかります。まずは日々の中で我が子がどんなもの・ことが好きなのか、小さな興味でも一つひとつをピックアップして「挑戦」という行動につなげてあげられれば理想的といえそうです。

【「子育て・教育での後悔」に関する意識調査】
調査日:2019年8月27日
調査方法:インターネット調査
調査人数:1,133人
調査対象:子どもを持つ40代以上の男女
モニター提供元:ゼネラルリサーチ

文・鈴木麻子 編集・山内ウェンディ

関連記事

子どもが大きくなってから「あのときああしていれば……」と後悔したことは?ママたちが振り返って思うこと
子どもがもう大きくなってしまったというママも、ときには小さい頃の思い出を振り返ることがあるかもしれません。「あのときああしていれば良かった」と後悔することはありませんか? 今回は子どもが大きく...
過去を悔やんでも悔やみきれない…….ママたちが考える「後悔」との付き合い方は?
今までの人生で、後悔するポイントはひとつもない……という方は少ないのではないでしょうか。ひょっとしたら、タイムマシンに乗って若いころに戻りたい! と考えている方もいるかもしれません。今回ご紹介する...
「育児を最初からやり直したい」。後悔するママができることは?
子育ては「待ったなし!」。時間をおけば冷静に「あのときは、こうすればよかったな」とわかるのに、次から次へ押し寄せるできごとについ感情的になりがち、というママもいるかもしれません。 ママスタB...