いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

「掃除や洗濯は、ボタン押せばいいだけだから」と吐いた旦那に、ママたちが贈りたい言葉とは

「洗濯や掃除はボタンを押せばいいだけだから」
家族のすこやかな暮らしのため、育児や仕事に追われながらも、家事をこなすママたち。しかしママスタBBSのトピックでは、ママのその頑張る心を、打ち砕くような発言をした旦那さんが現れました……。

『「まぁ、掃除や洗濯はボタン押せばいいだけだから(笑)」――旦那が友人に、こう発言しました。私は怒りから、その日は無言で過ごしました。寝る前に「何を怒ってるの?」と聞いてきた旦那に、余計イライラし、理由を話したら「場を楽しくするために言ったことだから、気にしないでよ」と言われ……本当にあきれた。きっかけは、友人が「奥さん、育児しながら家もきれいにして、料理も上手で、〇〇(旦那)は幸せ者だね」と言ったからなんだけどさ。たしかに家電には助けられているけど、育児中だし、家事って結構大変だよね?』

ママの努力を認めず、地雷を踏むセリフを口にし、その上、地雷を踏んだ事実にさえ気づいていない旦那さん。ママたちの反感を買い、さまざまな形の抗議の声が届きました!

ママたちがイカる!

まずは、ストレートな怒りの声をご紹介しましょう。

『腹立つ! 冗談半分、本気半分だと思うわ』

『むかつく! うちも似たようなことがあった。産後のお披露目のとき「出産大変だったね。お疲れ様」と労ってくれる人に、旦那は「4時間で生まれたから、楽だった」と言いやがった……! スピード産は体がついて行かなくて大変なのに』

旦那さんは、みずから自分を格下げしたようなもの!

「きっと旦那さんは、友人に”残念な夫”という烙印を押されたハズ!」と予想することで、投稿者さんの苛立ちを落ち着かせるようなコメントを残したママもいました。

『あーぁ、旦那さんは”ダメ夫認定”されただろうね。「奥さん、大変だろうなぁ」と思われるやつだね』

『普段家事をしてもいない人間に、そんなことを言われたらドン引き。私なら「奥さん、可哀想に……」と思う』

「私ならこう返す」。妻側の反撃開始!!

そしてやはり、旦那さんの失言を受け、日頃家事に精を出しているママたちは、やられっぱなしではいられません。妻たちは反撃コメントを繰り出します。

『「じゃあ、その簡単なことを休日によろしくね~」と言ってやれ』

『「ごめ〜ん、掃除機のボタン押して、掃除しておいて〜」
「洗濯機のボタン押して、洗濯しておいて〜」
「蛇口ひねって、お皿洗いしておいて〜」……ってお願いすればいい』

『妻:「まぁ、会社の仕事は、机に座って判を押していればいいだけだから(笑)」』

『「ATMで暗証番号を押すだけで、お金が出てくるから(笑)」……って言われたらどんな気持ちになる? と旦那に聞いてやれ』

夫たちよ、男の見栄はほどほどにして、妻の気持ちを汲むべし!

一方、「人前で男性がカッコつけたがるのは、夫”あるある”かも」と、旦那さんに多少の理解を示す声もありましたよ。しかし、それもあくまで「多少」で、カッコつけるときに忘れないでほしいのは、妻への感謝や敬意。この気持ちをしっかり抱いていれば、「ボタン押せばいいだけ」というフザけた発言は起こり得ないハズ、ですよね?

『男の人って、友達の前だと優位に立ちたがるよね~。あれ、何なのかね!?』

『友人に自分の妻を褒められ、どう返していいか分からずに極端に妻を下げてしまった駄目なパターンだね』

「場を楽しくするためだった」と弁明しようとした旦那さんですが、その発言にも冷たい声が届き……

『その発言で、場が楽しくなるのかよ?』

『うちなんか、旦那が職場の人に「奥さん、美人だね~!」と言われて、「いや、全然そんなことないですよ、むしろ寝起きなんて僕の方が可愛いですよ」と返していたよ(笑)』

『私の友達の旦那さんが、「そうだよな、ほんと奥さんには感謝してるんだ」と話していて、素敵な夫婦だなぁって思った』

『男の見栄なのだろうけど、本人の前でその人の努力を無視する発言はNG。後からでも、フォローがないのはマズイです。「ごめん。友達の前だからつい言っちゃったけど、感謝してる」と言ってくれれば、投稿者さんもこんなに苛立つこともなかったよね』

妻を褒められ、ユーモアで返す・スマートに紳士的に返す、「やり手」の旦那さまたち! これはなかなかの高等テクでしょうが(笑)、最後のコメントのように、自分の言葉でシンプルにフォローする――そのくらいの気遣いは示してほしいと、世の妻たちは願っているハズです。旦那さまたち、毎日家事を頑張るママの気持ち、ぜひとも汲んでくださいね!

文・福本 福子 編集・山内ウェンディ

関連記事

これが”名もなき家事”!当たり前のように人任せにする旦那にママたちの不満が爆発
家事には炊事、掃除、洗濯などさまざまな種類があります。掃除ひとつとっても洗剤の管理、掃除機や掃除用ブラシなどのメンテナンスなど掃除の名前に隠れた”名もなき家事”が無数に存在しているのです。ママ...
最近の旦那さんは家事スキルが高い!?世の男性たちの家事・育児分担事情
「うちの旦那、ほんとに何もしないのよ!」というママの声を筆者はよく耳にします。しかし旦那さんの協力があれば、ママの家事や育児の負担が軽減されることでしょう。 そこで今回は、お子さんがいる...
家族の食事時間がバラバラで家事の要領が悪い……。子どもが大きくなったからこそできる解決策とは
何をするにも子どもと一緒だった日々は遠い昔。子どもが大きくなったり旦那さんや自分の勤務状況が変化したりして、家族の食事時間がバラバラになることもあるのではないでしょうか。 悩めるママから...
参考トピ (by ママスタコミュニティ
旦那「まぁ掃除機や洗濯はボタン押せばいいだけだから(笑)」