いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

3歳息子、妹が生まれてやっぱり始まった赤ちゃん返り、そして成長の話

01

前回6月の心理相談が終わってから、息子は先生たちのおかげもあって波はあるものの、毎日の保育所の生活をニコニコ笑顔で過ごしていました。

02

それでも、息子がなるべく甘えられるようにしたり、私の体調が良い時は抱っこしたりしました。息子をたくさん褒めて、、妹が生まれたらいっぱい抱っこしてあげるからね、と伝えて、息子のフォローを自分なりに気を付けていました。

03

いつもならできていた身の回りの事ができなくなり、すぐに癇癪をおこし、ものごとの切り替えにもやたらと時間がかかるようになってしまいました。

04

とりあえず、娘が生まれてからは物理的に息子に時間を割けなくなるので、まだつきっきりで対応できる内は赤ちゃん返りも肯定して甘えさせていました。

05

予想していましたが、お見舞いから帰るときは毎回とてもぐずりました。

06

そんな息子ですが、妹に対する態度はとても優しいものでした。抱っこしたいというので、授乳クッションを使って、介助して抱っこさせてあげました。

07

08

息子は元々「赤ちゃん」が遊びの中でも特別な存在として登場するくらい好きなのです。

09

10

※このエピソードは一個人の体験談です。

文、イラスト・金のヒヨコ

第一話:2歳息子、発達外来での相談を勧められる

第二話:2歳息子、発達外来で相談。支援センターで見た保健師さんの癇癪への対処法

第三話:2歳息子、心理相談で面談と発達テスト。

第四話:2歳息子、早期療育教室に通う。集団活動が苦手だった息子が変化した

第五話:3歳息子、小規模保育所の卒園と早期療育教室の終了を控え公立保育所の加配枠に応募した話

第六話:3歳息子、加配枠で公立保育所へ通い始める。二人目の妊娠発覚後、9か月ぶりの心理相談へ

関連記事

【息子の成長】子どもの成長が遅いのは、ママの育て方が悪かったの……? #4コマ母道場
【第1話】もしかして、発達障害!?   漫画・あい わが子が発達障害かも……ママたちの不安 わが子の「発達障害かもしれない」と診断されたら、ママは不安になりますよね。...
平均値じゃなくても大丈夫!「発達障害」の子どもの伸ばし方とは【衆議院議員・下村博文】
全国の公立小中学校で、発達障害により「通級指導」を受けている子どもたちは現在9万人以上いるといわれています。発達障害の子どもの親としては「学校の授業についていけるかな」「苦手な部分を克服させないと...
何のために診断名をつけるの?わが子の発達障害「アスペルガー症候群」から、私が学んだこと
「なんだかこの子、他の子と違う」私が最初に娘の発達に疑問を感じたのは、1歳を過ぎたころでした。目線が合わない、自分が興味がないと声をかけても何の反応もない…。そんなところに、気持ちの通い合いが乏しい感...