いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

fashion

アラフォーファッションはシンプルが落ち着く?ママたちのファッション事情に迫る

pixta_22812703_M

昔は「おしゃれモンスター」なんて言われてた学生時代の友人も、おしゃれには無頓着だった友人も、ふと気がつけばシンプルイズベストなファッションになっていた……なんてことはありませんか? 今回ママスタBBSに寄せられたのは40代になるママたちの、日々のファッションについての話でした。

『アラフォーすぎたら結局シンプルな服に落ち着くね』

筆者も投稿者さんと同世代ということで、今回の投稿に思わず反応してしまいました。昔は総柄の楽しげなデザインの洋服や、ビビッドなカラーの物をこよなく愛し、クローゼットはいつもにぎやかでした。

しかしふと今のクローゼットを見ると、無地で落ち着いたベーシックなものばかり。着まわせるし、長く着られる便利アイテムばかりだからいいのですが……。同世代ママたちのファッション事情はどのような感じになっているのでしょう?

40代からのファッションはシンプルイズベスト?

『もう何着ていいか分からなくなってる。ショップで服見ててもおばさんだからスルーされてる感が半端ない』

『わかるー同じような服いつも着てるー』

着回しができること、どのようなシチュエーションにも合わせられること。この二つが優先されていくのは分かる気がしますよね。手持ちの洋服をシンプルにすると毎日の洋服選びもシンプルになる。考える時間が減ることから時短にもつながります。そこで大活躍してくれるのが無地やボーダーなどのベーシックなアイテムですよね。

デザインよりも色を重視

『わかる。色も黒、茶、グレーばかり(笑)』

『落ち着いたピンクとラベンダーもいいよ!』

『紺色もいいよ』

『ネイビーとベージュの組み合わせが多い。落ち着いたわ』

ママたちの間でまず盛り上がったのは、オススメカラーの教え合いっこでした。ママたちのおオススメを見ながらふと自分のクローゼットを思い出すと、ママたちのあげているグレーやベージュなどまさにベーシックなカラーばかりという状態でした。BBSに集まったママたちも同じなんだなと分かって筆者も少し安心しました。

いまこそ柄物へのチャレンジ

『私、逆に柄物に手を出すようになった。スカーフ柄のスカートとか』

『私は猫が描いてある服を着るようになった。もう他人の目とかどうでもいい、好きなものを着たい』

大人だからこそ着こなせる柄物、総柄というのはありますよね。昔はシンプル思考だったからこそ柄物に挑戦したいなどという声もいくつか見受けられました。

好きな物を好きなだけ着ればいい

『ある程度の年齢になったら自分の「好き」と「似合う」を模索してバランスを取っていかないといけない』

「好き」と「似合う」のバランス。分かっていてもなかなか難しいなと感じることはありませんか? 年相応の服とか、周りの目を気にしだしたら何を着たらいいか本当にわからなくなってしまいそうですね。できれば好きな服が自分に似合うというのが理想ですよね。

『動きやすくてシンプルが一番』

『柄でも素朴でも自分が好きな服を着ればいいと思う。その人を表すんだから』

個々の性格やライフスタイルによって、洋服選びのポイントをどこに置くかは異なります。だからこそ、あまり深く考えすぎずに、好きな服を好きなように着て、日々を気持ちよく過ごすのも良さそうです。

新たな出会いが人生にときめきを与えてくれるかも

『新しい好みに出会えるの楽しみ!』

例えばそれが今までは手にしたこともないような派手な柄物だったり、カラーだったり。ちょっとしたストールやターバンのような小物など。手軽に取り入れて挑戦できそうなものもたくさんあります。もし少しでも気になるものがあったら試着するなど、一度試してみてはいかがでしょう? 試してみないことには想像の域を超えません。もしかしたらそのお試しに、新たな出会いがあるかもしれませんよ?

デザイン・カラー・着心地。シンプルの中の選択肢

いくつになっても、新しいものへ挑戦する気持ちを持てるというのはとても素晴らしいことですよね。もちろん、攻めるだけがおしゃれではありません。自分に似合うベストな装いを知っていることもステキだと思います。

デザインやカラーだけでなく、着心地を重視したいという思いもあるでしょう。シンプルで着回しができる……だからこそ選択肢はいろいろありそうです。今の自分にしっくりきて、落ち着くファッションがどのようなものか、楽しみながらぜひ考えてみてください!

文・櫻宮ヨウ 編集・山内ウェンディ

関連記事

理想とはほど遠い?子育てママの「オシャレに対する現実」#産後カルタ
独身時代、流行を取り入れたバックにメイク道具をいっぱい詰めたポーチを入れて出かけていた方、いませんか? そんなオシャレを楽しんでいたママたちも、子育てが始まると優先すべきは「子ども」です。独身...
オシャレじゃないのはタイプが違うから!?骨格診断で選ぶ”自分に本当に似合うファッション”とは
産後の体型や服装の変化で何を着てもオシャレじゃない……と鏡の前でため息をついているママもいるのでは? 実はそれ、自分の骨格に合う服を選んでいないからかもしれません。骨格診断で自分の骨格タイプを知ると「...
“プチプラ”ファッションなのに、安く見えずオシャレに着こなしている人の特徴とは?
「オシャレな服を着ている人だな」と思ったら、その洋服は「プチプライス(低価格)」のブランドのものだったということはありませんか? プチプラの同じブランドの服を着ていても、着る人によってオシャレ...
参考トピ (by ママスタジアム
アラフォーすぎたら結局シンプルな服に落ち着くね。