いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

小さい子どもでも大丈夫?初めて眼科を受診した体験談

2歳の息子・ちぃくんと、ある日の夜、寝る前に布団で少し遊んでいた時のことでした。

ちぃくんが私の体の上に乗ってきたり横でコロコロと転がってみたりと、スキンシップを楽しんでいたのですが、だんだん動きが激しくなり……。ちぃくんが私に飛び込んできた時に、私の親指が、ちぃくんの左目にぶつかってしまいました。

眼科は、子どもの診察をしたときのレビューが書いてある、評価の高い病院を選んで行きました。
どうやら人気の先生なようでとても混雑しているとレビューにはあり、子どもが待てるか心配ではありましたが……。このときはちょうど空いていたようで、それほど待たずに診察へ。

ちぃくんは大人しく診察を受けることができ、先生から「何でもできるねー! エライね」と褒められニコニコしていました。

せっかく来てくれたからと他の部分までもよく診てくださっていたようで「神経等も問題ないですよ」とのお言葉を頂きました。私としては、とても安心して帰ってくることができました。

先生が子どもの診察に慣れているかどうかは、病院選びの大きなポイントですね。

 

余談ですが、ネットで病院を調べている最中、「目にしっかりと爪の跡がついていた」という体験談を見かけました。

私の爪が伸びていなかったのは、せめてもの救いだったと思います。

 

文、イラスト・Ponko

関連記事

2歳の息子のイヤイヤ期を変えた「魔法の言葉」
同じく、シャンプーの時は「頭のゴミをキレイにするよ」、手洗いのときは「おててのゴミをキレイにするよ」になります。 もちろん、気分によってはそんな魔法の言葉も届かないことが...
大きい小さいがマイブームな息子が放った「衝撃の一言」
2歳の息子。 相変わらず回りに比べると言葉数は少なくて、お友達のおしゃべりの上手さにびっくりすることもしばしばですが。 それでも本人なりに日々成長していて、最近は会話もかなり成立するようになっ...
歯医者さんでギャン泣き!イヤなのは歯医者ではなく意外なものでした
生後10か月で初めて受診したときはギャン泣きで大荒れだった歯医者さん。果たして今回は? どうやら息子は、フッ素塗布の処置がどうのではなくて、フッ素の味そのものが嫌らしい……。嫌が...