いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

2歳の息子のイヤイヤ期を変えた「魔法の言葉」

同じく、シャンプーの時は「頭のゴミをキレイにするよ」、手洗いのときは「おててのゴミをキレイにするよ」になります。

もちろん、気分によってはそんな魔法の言葉も届かないことがあったり、「ゴミ」というワードが使えない着替えなどのお世話は相変わらず手を焼くこともありますが。

当たり前にこちらの知っている言葉だけを使って伝えるのではなく、息子の理解できる言葉で声かけしていくのも大事なんだなと意識するようになりました。

文、イラスト・Ponko

関連記事

退屈&イライラからの大逆転!ママも子どもも楽しい「初めてのお菓子作り」
体力を余してしまってるからか昼寝もままならず、母は休憩時間も皆無。 息子は暇でだんだんイライラ。私もそのイライラに付き合ってクタクタ。 これまでは、お菓子を作るとき...
「大変だけど今頑張れば丈夫になるよ!」先生に励まされ息子の胃腸炎と戦った3週間
戦いが終わったんだとわかり、大喜びしたのでした。 「胃腸炎だけはもう二度とゴメンだ!」と思わせてくれるには十分すぎる長い戦いでしたが、そのかいあってか、時...
注射嫌いの息子がグズる……「今日は注射1本」と病院に行く前に説明してみたら
息子は土地勘がよく働くようで、行き先を伝えていなくても、病院が近づくだけで嫌がってグズってしまいます。注射が無い日は「注射は無い」と言ってましたが、注射の日は「注射がある」とは怖がらせてしまう...