いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

「なんで私にはちょこくんみたいな尻尾はないの?」 #うちの猫ちょこくんシリーズ


猫のちょこくんが11歳の頃。娘のうっちゃんは1歳4ヵ月頃になり、少しずつ単語が増えて、二語文を話しだしました。「これ、ちょーだい」や「お外いく」など、ママに気持ちを伝えられるようになっていきました。
言葉を話せない頃は、「なんでこんなに泣いているの?」「今の気持ちを話してくれたら楽なのに……」と思うママたちも多いでしょう。簡単な問いかけに対して、わが子が反応してくれるという喜びがありました。

その頃のうっちゃんは、ちょこくんのことを「にゃーにゃ」と呼び、自分とは違う生き物なんだと少し分かってきた時期でした。


うっちゃんの興味は相変わらず「ちょこくんのふさふさの尻尾」。ちょこくんの自由自在に動く尻尾を目で追いながら、ある疑問を持ち始めます。「ちょこくんには尻尾があるのに、なんで自分には尻尾は生えていないのか」という深い疑問。
しきりに自分のお尻を触っては、「尻尾ないの……」とどこか寂しそうな様子。

母である私は面白がってこんな質問をしました。
「うっちゃんは尻尾はありますか?」


うっちゃんと会話できた! という喜びも束の間。母娘の記念すべき初めての会話のキャッチボールは、「尻尾があるか、ないか」という驚くべき事実に気づきました。
うっちゃんが大きくなったら、初めての会話のキャッチボールのことを話そうと思います……!

 

脚本・木村亜希 イラスト・んぎまむ

関連記事

「ちょこくんと娘の距離」 #うちの猫ちょこくんシリーズ
娘のうっちゃん生後7か月、ずりばい→ハイハイで活発になってきた頃のお話。 活発な娘で、常に動く動く! じっとお座りしているということがなく、動き出したら、さぁ大変。ちょこくんという未知の生物めが...
「ちょこくんとハイハイしだした娘」 #うちの猫ちょこくんシリーズ
ちょこくんが10歳の夏。娘のうっちゃんが生後7か月のことです。じっと座っていることがほとんどなかったほど、好奇心旺盛で活発な女の子。 自由を手にしたうっちゃんは、ちょこくんの動く尻尾に興味津...
「里帰り出産のためちょこくんと一時の別れ」 #うちの猫ちょこくんシリーズ
私は出産を控えたおよそ2か月前に、里帰り出産のため、新幹線で数時間の距離にある実家に帰省しました。出産・産後は実家でサポートを受けながら過ごしたいと、夫も私も妊娠直後から迷いなく決めていました...