talentcolumn

ギャル曽根:第1回 この子達を産むために、私は産まれてきたんだなと思ってるんです

今年の1月に、第2子を出産されたギャル曽根さん。
妊娠中も、出産後も、変わらずに「大食いタレント」として活躍されていますが、ブログで垣間見える「ママ」としての顔にも、多くの支持を集めています。
食べるだけではなく、作ることにもプロ並みの知識と腕をお持ちのギャル曽根さんに、今回はママとして、奥さんとして、様々な視点からインタビューをさせていただきました。

「おっぱいは赤ちゃんのもの」。妹が生まれて自然と卒乳

■二人育児が始まって約半年が経ちましたが、どうですか?

_S1C0383_M

二人目を妊娠中に、「1+1は2じゃないよ」という話をよく聞いたんです。でも、実際はやっぱり大変ですね(笑)
ちょうど、上の子が3歳になって、自我もはっきりしてきているので、「これがやりたい」「こうしたい」という主張があって。私は私で、下の子のお世話もあるし、「こうしてほしい」という思いがあったり、段取りがあるんですけど、それが思うようにいかなかったりすることもあります。そういう時は、困ったなぁとなることもあるし、下の子が、ずっと抱っこしてないと泣いちゃうので。そういう部分では、けっこう大変だなぁと思いながら過ごしています。

■想像していた二人育児と実際の中で、意外と大丈夫だった部分と、想像よりつらかった部分を教えてください。

「女の子は育てやすい」ってよく聞くのでそれを信じていたんですけど、意外とそんなことはなかったなと(笑)
息子が抱っこをしていないとすぐに泣いちゃう子で、ずっと抱っこをして育てたのもあって、娘も抱っこしてなくちゃダメという感じなんです。それは、想像していたよりも大変だと感じています。
意外と大丈夫だったのは、娘が生まれるまではお兄ちゃんの寝かしつけが一番大変だったんですけど、妹が生まれてからは、思った以上に「お兄ちゃん」という意識を持ってくれて、寝かしつけもすごく楽になったことですね。
下の子が生まれるまで、上の子も授乳をしていたんですけど、赤ちゃんが生まれたことで自然と卒乳ができて、それからは、「寝ましょうね」と言ったら、自分で目を閉じて寝てくれるようになったんです。

■二人目の妊娠中も授乳を続けていらっしゃったんですか?

そうなんです。断乳をしようかなと思っていたんですけど、虫歯にならなければ大丈夫という話を聞いて、それなら、歯磨きでケアをしっかりして、卒乳を待つことにしたんです。
二人目の子を妊娠した時に、産婦人科の先生に相談したら「あげて大丈夫だよ。無理に断乳をしてお兄ちゃんがストレスを感じるよりは、あげたほうがいいよ」と言ってもらえたので、妊娠中もそのまま続けました。
でも、妊娠中は、「これからは赤ちゃんがおっぱいを飲むから、お兄ちゃんはおっぱいとバイバイしようね」って伝えていたんです。そのおかげか、赤ちゃんを見たら自然と、「おっぱいは赤ちゃんのだからね」と卒乳できました。

出産に立ち会ったことで兄としての自覚が生まれる

■息子さんは、出産に立ち合ったんですか?

はい。立ち会いました。二人目の妊娠がわかった時から、お兄ちゃんには立ち合ってもらおうと決めていたんです。
私の陣痛が始まった頃は、陣痛室でパパと遊んでいたんですけど、いざ、生まれる!という時が来たら、近づいてきて、手を握って「がんばって」って言ってくれました。すごく嬉しかったですね。
妹が生まれる瞬間に立ち合っていたということが、「お兄ちゃん」という意識を強く持つ刺激になった気がします。

■男の子と女の子のママになり、育て方で意識していることはありますか?

性別を意識してることは得にはないんですが、女の子に優しくできる男の子になってほしいと思うので、息子にはそれを伝えていますね。3歳違いの兄弟ですが、2人が仲良くしてくれたらいいなと思います。

■2人目は3歳差で産もうと決めていたんですか?

決めていたわけではないんです。むしろ、もう少し息子がしっかりしてからがいいかなと思っていたくらい。息子を産んで、息子がかわいすぎて、次の子を作るという気持ちがなかなか持てなかったんです。
上の子がかわいすぎて、下の子を同じように愛せるのかな?という不安があったんです。
でも、産まれてみたら、本当にかわいくて仕方ないです。無駄な悩みでしたね(笑)。やっぱり、自分の子はかわいいですね!

「僕がいるから大丈夫だよ」。息子と会話ができることが嬉しい

■ママになって嬉しかったことを教えてください。

_S1C0390_M

嬉しかったことはいっぱいあります。「一番は?」と聞かれると、すごく難しいですね。
生まれてきて、最初に目があった時の感動とかは忘れられないですし、私に笑いかけてくれた時も嬉しかったし…。たくさんありすぎて(笑)
最近は、息子と会話ができるようになったので、それがとても嬉しいです。例えば私が、「寂しい」と言うと、「僕がいるから大丈夫だよ」とか言ってくれたりするんです。
息子には、「怪我をしたら、ばんそうこうを貼ると治るよ」って教えてるんですけど、先日、私がおなかが痛いと言ったら「ママ、僕がシール貼ってあげるね」って、おなかにばんそうこうを貼ってくれたんですよ(笑)
子どもの力って、すごいなと思います。この子達を産むために、私は産まれてきたんだなと思ってるんです。


テレビを見ていて受ける印象通り、明るくサバサバしたギャル曽根さん。育児に関しても、周囲の意見を取り入れながらご自身の感覚を大事にしていらっしゃる印象を受けました。お子さんの話をする時の表情から、愛情が溢れていて、お話を聞いているのがとても楽しいインタビューでした。次回は、とっても仲良しだというご主人とのお話を伺います。お楽しみに。

(取材・文:上原かほり 撮影:泉三郎)