いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

子どもへのクリスマスプレゼント、どうしよう!?「木のおもちゃ」がいいって聞くけど本当?

pixta_5367148_M

12月。あちこちの店の店頭にもクリスマスツリーが飾られるようになり、慌ただしい日常の中にもなんとなくわくわくした気持ちになる季節になりましたね。

お子さんをお持ちのママさん達も、お子さんがプレゼントを手にしたときの笑顔を想像しながら、子どものクリスマスプレゼントはあれにしようかこれにしようかと悩んでおられるのではないでしょうか?

子どもが喜ぶものを、そして子供の知育にも良いものをあげたい!そんな時に一度は考えるのが木のおもちゃ。

国産の安心な木のおもちゃから北欧のおしゃれな木のおもちゃまで色々あるものの、木のおもちゃって何故良いといわれるのか、今回は木のおもちゃが良いといわれる理由について調べてみました。

1・感性に訴える

天然素材である木のおもちゃならではの温もりは、温度変化に敏感な乳幼児にも心地良く、適度な重みは指先の訓練にもなります。
また木と木がぶつかり合った時の柔らかい音は、音の処理能力が発達していない子供にも優しく、小さな子どもは木と木を合わせてカチカチと音を鳴らすだけの遊びを延々と続ける姿を見ることもできます。
アロマなどにもあるように、木の持つ優しい香りも遊びながら嗅覚を刺激することができ、人工の素材にはできない五感を使っての遊びができます。

2・遊び方が無限に広がる

木のおもちゃは素材の性質上細かい加工ができないため、シンプルなおもちゃが多いです。シンプルなぶん一つの遊びにとらわれず色んなものに見立てることができるため、創造力が養われます。またボタンを押して音が鳴るような受け身で遊ぶおもちゃとは違い、主体的に遊ぶことができるので集中力も養われます。

3・安全性が高い

数年で劣化するプラスチック製のおもちゃとは違い経年劣化しないので壊れにくく、口に含んだりしても安全です。ただ木のおもちゃだから一様に安全かといえばそうでもなく、日本やヨーロッパなどの国でそれぞれ設けられている安全基準を満たしているものを選ぶ必要もありますし、木の素材によってはアレルギーがある子どももいます。また月例の低い赤ちゃんなどは手にするものは何でも口にします。視力の未発達な赤ちゃんは、見るより舐めるほうが物体の認識をしやすいせいだともいわれているからですが、一般的にはトイレットペーパーの筒に入る大きさのものは誤飲の可能性があるといわれています。木のおもちゃに限ったことでなく全てのおもちゃにあてはまることですが、対象年齢を確認して購入すれば安心ですね。

五感を刺激して壊れにくいシンプルな木のおもちゃは、多様な遊びができて長く使うことができるため、結果、かさばるおもちゃ箱問題や磨り減るお財布問題も解決しやすいのではないでしょうか。

この度Amazonの過去三年にわたる注文実績データから、「定番のおもちゃ200」が発表されました。

「おもちゃ屋さんに直接見に行って子どもにネタバレしたくない!」

「時間はないけどせっかくのクリスマスプレゼント、じっくり選んであげたい!」

「子どもはかわいいけどお財布の中身もかわいい。定価より安く手に入れたい!」

お子さんのクリスマスプレゼント選びに迷ったら、一度ご覧になってみてはいかがでしょう?

文・桃山順子