いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

<無視する旦那・すれちがい夫婦>仕事で疲れ「実家もどる」置き手紙?【第2話まんが:旦那の気持ち】

前回からの続き。今から15年前のお話。俺アキトは20代だった。妻カナと9ヶ月の娘ミサがいる。俺は普段から物静かな人だと言われることが多い。一方カナは物事をはっきり主張する性格だ。正反対のタイプだったがそんなカナに惹かれていった。
こもる旦那②_出力_001

こもる旦那②_出力_002
仕事が立て込んで休日出勤をした土曜、勤務を終えた俺は疲れきっていた。何か食べ物を買って帰ろうと閉店間際のスーパーに寄るとお刺身が売られていた。カナのためにと買って帰ったはずだったが……。

こもる旦那②_出力_003
言い返す気力もなかった俺は、あまりに疲れすぎていて部屋でぐっすり眠ってしまった。ミサが部屋の外で泣いていたことにも気づかなかった。しかし俺に「無視された」と思ったカナはミサを連れて出て行ってしまったんだ。どこで間違ってしまったんだろうか……。俺はその場に立ち尽くすことしかできなかった。

【第3話】へ続く。
原案・ママスタコミュニティ 文、作画・猫田カヨ 編集・井伊テレ子

※この漫画はママスタコミュニティに寄せられた体験談やご意見を元に作成しています。

猫田カヨの記事一覧ページ

関連記事

<無視する旦那・すれちがい夫婦>家出した私へ「大切なのは話し合い!」ママ友の経験【第3話まんが】
前回からの続き。今から15年前のお話です。私カナは当時20代。9ヶ月の娘ミサを育てていました。ある朝、私はダイニングテーブルの上に置かれていたお刺身パックを見つけて驚きました。前夜遅くに帰宅した旦那ア...
<無視する旦那・すれちがい夫婦>何も主張ない旦那、夫婦の話し合いできないんだけど【第1話まんが】
今から15年前のお話です。私カナは当時20代。旦那アキトと結婚し、すぐに娘ミサを授かりました。旦那は穏やかな性格でいつも落ち着いています。私はどちらかと言うと押しの強い性格だったので、いつでも優しく受...
<空気の読めない旦那>義父が亡くなった!「以心伝心の仲」だった義母の悲しみは……【第1話まんが】
数年前の話です。私は西田メグミ、2人の子どもを育てるママです。旦那アツシと結婚して義実家の近くに住んでいます。 義母は子どもを2人育てていてアツシが長男、次男のリョウタさんは現在独身でひとり...