いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

<諦められない!>お腹の子と生きていくためには【モラハラ夫を捨てる日まで 75話】#4コマ母道場

私はひとり娘がいるシングルマザーです。最近離婚をしたのですが、その原因は――夫のとんでもないモラハラ。長年、言葉の暴力に追い詰められていました。「このままではいけない」と立ち上がった私は、周囲の協力を得て苦難を乗り越えながら裁判で離婚を成立させました。これは私がモラハラ夫と決別するまでの4年の出来事を描いた話です。悩んでいる方の力になれればと思っています。
ついに裁判がはじまりました。私は過去にあった出来事を話すことに。話は出産前に遡ります。【第74話 「離婚」がよぎった日】からの続き。

※演出の都合上、法的な詳細を省略している部分があります。

第75話 父の言葉

75話_1
75話_2
75話_3
75話_4
【第75話 作者コメント】
両親の前での態度も含め、一連の騒動で夫に強い不信感をいだいた父と母。離婚も視野に、これからのことを考えてほしいと言われました。そしてお腹の子にも触れた父の重い言葉。私を思うあまり振りしぼった言葉だとは理解できたものの、お腹の赤ちゃんとの未来を諦めることはどうしてもできませんでした……。

【第76話】へ続く。

原案・めじり渚 漫画・おんたま

モラハラ夫を捨てる日まで

1話から読む

関連記事

<選んだ道は再構築>温かい家庭を夢みていた過去【モラハラ夫を捨てる日まで 76話】#4コマ母道場
私はひとり娘がいるシングルマザーです。最近離婚をしたのですが、その原因は――夫のとんでもないモラハラ。長年、言葉の暴力に追い詰められていました。「このままではいけない」と立ち上がった私は、周囲の協力を...
【モラハラ夫を捨てる日まで】 に関する記事一覧
<モラハラの連鎖を断ち切る>「仕事しろ無能」「恩知らず」嫁を従業員扱いする男たち【第1話まんが】
これは数年前の話です。私はサチ。義両親と二世帯同居をしながら義父、夫と一緒に家業の酪農をしています。 自宅兼農場から出られるのは配達や子どもの習い事のときだけ。自分の実家へは年に1度帰省できれば...