いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

<意外な味方が傍に>「仕事しろ無能」「恩知らず」嫁を従業員扱いする、モラハラ男たち【前編】まんが

私はサチ。義両親と二世帯同居をしながら義父、夫(ハルヒコ)と一緒に家業の酪農をしています。
義母が救ってくれた_001
自宅兼農場から出られるのは配達や子どもの習い事のときだけ。自分の実家へは年に1度帰省できればいいほうです。しかも帰省すれば義父やハルヒコからは「忙しいから早く帰ってこい」と帰宅を催促される。義父にとっても私はタダ働きの従業員で、お給料などナシで働くことが当たり前のような扱いです。

足の手術をし酪農を手伝えない義母は、孫たちの面倒をみる毎日。私に対して嫁いびりをするわけではありませんが、おそらく義母は私のことを嫌っていると思います。私たちが結婚の挨拶にはじめて義実家に伺ったときから、義母はいい顔をしていませんでした。結婚後も義父やハルヒコにこき使われている私を遠目に眺めているだけです。

義母が救ってくれた_002

義母が救ってくれた_003
もうこの人たちに話は通じない……。私がこんなにつらい思いをしているのに、味方もいないし逃げることもできないなんて。私は八方塞がりの状況に陥ってしまったのです。

後編へ続く。
原案・ママスタコミュニティ 脚本・子持ち鮎 作画・よしはな 編集・Natsu

※この漫画はママスタコミュニティに寄せられた体験談やご意見を元に作成しています。

よしはなの記事一覧ページ

関連記事

<意外な味方が傍に>「仕事しろ無能」「恩知らず」嫁を従業員扱いする、モラハラ男たち【後編】まんが
前回の続き。ある日のこと。珍しく義父と夫が2人で配達に出掛け、私は1人で作業をしていました。そこへ義母が声をかけてきました。 うまく言葉が返せず相槌だけを打つ私。義母は淡々と言葉を繋げます。 ...
まんが【前編】「介護は嫁がするもの、だから同居しよう」「仕事も辞めればいい」義父からの電話が地獄
義母が足をケガして入院しました。退院はできたのですが、医師から「若い人のように元には戻らず足が不自由なままの可能性が高い」と言われたそうです。つまり以前のようには生活できなくなり、たびたびサポートが必...
<義父に支配される>男尊女卑の激しい義父。義母の入院をきっかけに起こった逆転劇【前編】まんが
男尊女卑の激しい義父。口ぐせは「女は愛嬌と気配りができてなんぼ、知恵なんかつけるな」。 それを嫁である私の前だけでなく、他の女性がいる前でも平気で豪語するような人です。家事や育児には今まで一切関わって...