いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

<親子の縁を切る>心の支えは長男だけ。冷たい娘の言葉が忘れられず……【第3話まんが:母の気持ち】

前回からの続き。これは数年前の話です。私カズコは75歳。この度、娘・サエコと親子の縁を切ることにしました。サエコは子どもの頃から母である私よりも義両親になついていました。
まんが-1
私に叱られるのが不満だったようで、当時は「ママに虐待されている」とウソをついて学校や友達の家で泣き……次第に私は家からも地域からも孤立していきました。そんななか私の味方をしてくれたのは、サエコの4つ下の弟・長男のケンタロウだけでした。
実母から絶縁された3-1

ケンタロウは小さい手を私の背中に回して、ぎゅっと抱きしめてくれました。まわりに敵意をむき出しにされながら生きている私にとって、やさしさをくれるこの小さな男の子だけが生きる支えでした。
実母から絶縁された3-2
助けてくれたのはやはりケンタロウでした。彼はその日、部活を休んで、授業が終わったらすぐに家に帰ってきてくれました。スーパーの買い物袋を手に持ちながら……。

実母から絶縁された3-3
手伝ってもらえて助かったのはもちろんのこと、私を労わろうとしてくれるケンタロウの気持ちがなによりも嬉しかったです。あのときのことは一生忘れられません。それと同時に、冷たく突き放した夫や「お母さんの仕事だよ」と言い放ったサエコのことが、私の心にしっかりと焼き付いたのでした。

【第4話】へ続く。
原案・ママスタコミュニティ 脚本・大島さくら 作画・Michika 編集・荻野実紀子

※この漫画はママスタコミュニティに寄せられた体験談やご意見を元に作成しています。

Michikaの記事一覧ページ

関連記事

<親子の縁を切る>許すべき?できない……娘への感情に決着をつけるとき【第4話まんが:母の気持ち】
前回からの続き。これは数年前の話です。私カズコは75歳。私は娘・サエコと縁を切ることにしました。幼い頃からサエコは同居する義両親に、「ママに怒られた」と甘え、それでは飽き足らずまわりの大人にも「ママに...
<親子の縁を切る>母に嫌われる私。里帰りも拒否……なぜ?突然の手紙は【第1話まんが:娘の気持ち】
私の名前はサエコ。40代後半のパート主婦です。会社員の夫・シュウジと、大学生のひとり娘・アヤナとの3人暮らしです。私の実家は車で10分ほどのところにあります。4年前に父が亡くなり、実家では今75歳の母...
<娘を捨てたママ>2歳娘を育児放棄「ママいない理由は一生言わない」【第1話まんが:パパの気持ち】
元妻(ナナミ)とは喧嘩が絶えなかった。揉める原因は主に金と交友関係のことだ。元妻は金遣いが荒く、しかも男女問わず交友関係も幅広かった。娘(サラ)が生まれてからは、育児で思うように動けないストレスも...