いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

<親子の縁を切る>許すべき?できない……娘への感情に決着をつけるとき【第4話まんが:母の気持ち】

前回からの続き。これは数年前の話です。私カズコは75歳。私は娘・サエコと縁を切ることにしました。幼い頃からサエコは同居する義両親に、「ママに怒られた」と甘え、それでは飽き足らずまわりの大人にも「ママに虐待されている」と嘘をつくように。
まんが-1
高校生になると私が介護疲れで倒れてしまったときに、手を差し伸べてくれず強く突き放されました。あのときの絶望感は今でも忘れられません。一方、どんなときでも私の味方でい続けてくれたのがサエコの4つ下の弟・長男のケンタロウ。家族のなかで唯一やさしい彼だけが、私の心の支えでした。
実母から絶縁された4-1

実母から絶縁された4-2
世間の人は、「母親ならわが子がどんなことをしても、無償の愛ですべて許すべき」と言うのでしょうか。でも、母親だってひとりの人間ですし、心があります。たとえ血の繋がった子どもでも、許せないことや忘れられないことがあるのです。さんざん私を追い込んでおいて、いざ自分が困ったら「助けて」と言われても、今さら納得できません。

実母から絶縁された4-3
私にとってサエコへのこの長年の感情に決着をつけるのは、人生の終わりに必要なことだと思いました。家も処分して、一歩ずつ人生の終わりに近づいている自分。そろそろ何者にも縛られたくない、自分の精神を自由にしてあげたい……そう思ったのです。私はもう、生きているあいだにサエコと会うつもりはありません。私の選択は間違っているのでしょうか。
みなさんはどう思いますか?

【第5話】へ続く。
原案・ママスタコミュニティ 脚本・大島さくら 作画・Michika 編集・荻野実紀子

※この漫画はママスタコミュニティに寄せられた体験談やご意見を元に作成しています。

Michikaの記事一覧ページ

関連記事

<親子の縁を切る>母を傷つけていたのは私……?今できる唯一の親孝行は【第5話まんが:娘の気持ち】
前回からの続き。これは数年前の話です。母から突然、絶縁を言い渡されて途方にくれています。母は昔から4つ下の弟のケンタロウばかり可愛がっていて、愛情に差があるなとは思っていたのですが、まさか絶縁されると...
<親子の縁を切る>母に嫌われる私。里帰りも拒否……なぜ?突然の手紙は【第1話まんが:娘の気持ち】
私の名前はサエコ。40代後半のパート主婦です。会社員の夫・シュウジと、大学生のひとり娘・アヤナとの3人暮らしです。私の実家は車で10分ほどのところにあります。4年前に父が亡くなり、実家では今75歳の母...
<娘を捨てたママ>2歳娘を育児放棄「ママいない理由は一生言わない」【第1話まんが:パパの気持ち】
元妻(ナナミ)とは喧嘩が絶えなかった。揉める原因は主に金と交友関係のことだ。元妻は金遣いが荒く、しかも男女問わず交友関係も幅広かった。娘(サラ)が生まれてからは、育児で思うように動けないストレスも...