いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

<不登校の中3娘>通信制高校を志望する娘に「普通の青春を楽しんでほしい」親の迷い【第3話まんが】

前回からの続き。数年前の話です。中3の娘、ユキナは不登校。そろそろ進路を決める時期になりました。ユキナは通信制高校へ行きたいと言っています。しかし私はみんなと同じように全日制高校へ進んで、ごく普通の青春を楽しんでほしいのです。
3話1不登校のため_出力_007

3話2不登校のため_出力_008

3話3不登校のため_出力_009
私はずっと「不登校にも理解がある、頭のやわらかい母親」でいようと頑張ってきました。時代の流れに沿っている、今どきの考え方ができる母親だと……。
でも、そうじゃなかった。私はユキナの選んだ進路を受け入れられなかった。ほとんどの高校生が通うのは全日制。だからユキナもその「大多数」に入ってほしかった。通信制高校は私にとって未知の世界です。夫も私も、きょうだいや従姉妹たちも通ったことがありません。通信制高校に入ったら、今後ユキナの学力はどうなるのか。全日制の子に比べて思うように勉強が進まず、成績がどんどん下がっていってしまわないか。大学進学はできるのか。そして社会性の面でも心配です。登校日が少ないとなると、人と接触する機会が減ってしまいます。いつまでも人を怖がり続けて、大人になっても社会に適応できないのでは……と思ってしまいます。

不登校の原因になった同級生たちは、ユキナのことなど忘れてしまうでしょう。そしてそれぞれ、充実した人生を送るでしょう。たまたま運悪くターゲットにされてしまったユキナは、学校という社会から弾き飛ばされてしまったまま……ユキナだけがつらい人生を送るなんて、理不尽だしやりきれません。重苦しい気持ちに押しつぶされそうになりました。

【第4話】へ続く。
原案・ママスタコミュニティ 脚本・大島さくら 作画・まゆか! 編集・木村亜希

※この漫画はママスタコミュニティに寄せられた体験談やご意見を元に作成しています。

まゆか!の記事一覧ページ

関連記事

<不登校の中3娘>通信制の生徒の話で気持ちに変化「勝手なイメージだった」娘の未来【第4話まんが】
前回からの続き。数年前の話です。中3の娘・ユキナ(不登校)が通信制高校へ進学したいと言ってきました。しかし全日制高校へ進んでほしい私は、ついユキナの気持ちを踏みにじるような発言をしてしまい……ユキナは...
<不登校の中3娘>高校受験は?「私たちの未来は?進む道が見えない」答えのない日々【第1話まんが】
これは数年前の話です。私の名前はルミコ。40代半ばの専業主婦です。一人娘のユキナは中3。夫は転勤族で、現在単身赴任中です。 中2まではクラスメイトに恵まれていて、楽しそうに学校へ通っていました。...
<旦那の連れ子は元ヤングケアラー>「夜間中学に通いたい」私が送迎係?無茶ぶりすぎ【第1話まんが】
私は30歳の主婦。5歳、3歳、1歳の3人の子どもがいます。 旦那と前妻の両親はすでに亡くなっており、ルリちゃんが頼りにできる人は旦那しかいません。母を亡くした悲しみに暮れているだろうと、しばらく...