いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

fashion

<私はいつまで女?>【後編】41歳は女として終わってる?今が一番楽しいと考える人に共通することは

0おすすめ213_ファッション_Ponko

前回からの続き。41歳になった投稿者さんは、「自分が女性として終わっていくのが悲しい」と嘆いています。そのように感じる原因は今までのメイクや服装が似合わなくなってきたからだそう。「可愛く見られたい、綺麗だと思われたい」という気持ちはありつつも、もうオシャレをしても無駄だと感じている様子です。
ママたちは投稿者さんの悲痛な気持ちに「わかる」と寄り添いながらも、「努力さえすれば綺麗になれるはず」と励まします。常に気持ちを若々しく持ったり、自分のお気に入りのファッションアイテムを見つけたりするのもいいかもしれない……とのアドバイスも寄せられました。

若いときよりも今が楽しい!

「年齢を重ねるのが怖い……」と嘆くママたちがいる一方で、「今がいちばん楽しい!」との声もありました。さて一体どのような理由なのでしょうか?

『今年42歳だけど30代より楽しいよ。経済的にも余裕が出てきて、子どもも手がかからない年齢になってきた。好きな洋服買ったり体型を気にしたり』

『私は40代になってからのほうが楽しいけどな。子育てもそれなりに落ち着いて、やりたいことや趣味に時間を割けるようになってきた。身だしなみを整えて、着たい服を着て、したいメイクをして、自分を楽しめる年齢になったと思うよ』

経済的にも余裕が出たり、育児も少しずつ落ち着いてきた今がいちばん楽しい……と話すママたち。メイクや服などの身だしなみだけではなく、趣味の時間もとれるようになったと嬉しそうに話すママもいました。今まで家族のために費やしてきたお金や時間を自分のために割けるようになったからこそ楽しみが増えたのではないでしょうか。

自分のために綺麗にしていたい

「周りから可愛いと思われたい」という気持ちが大きかった投稿者さん。しかしママたちからはほかの提案がされたようです。

『可愛くいたい、きれいでいたいという願望は今でもある。でも周りからどう思われるかはどうでもいい。自己満足と、旦那が適度に可愛いと思ってくれてればそれでいい』

『若々しい服装やメイクはしないけど、白髪は染めたりTシャツ等はアイロン掛けたりはする。最低限のメイクはして、だらしない格好と見た目にならないように気をつけている。誰かに可愛く見られたいって気持ちはない。でも自分のなかで老け込まないようしたいって気持ちはある』

『誰かに可愛く見られたいわけじゃなくて、自分自身が綺麗でいたいっていうことに年齢は関係ないよ』

ママたちから提案されたのは「自分のためにオシャレすればいいじゃない!」というもの。白髪を染めたりシャツにアイロンをかけたり……とちょっとしたことで毎日気分よく過ごせるかもしれませんね。自分や旦那さんが「年齢相応に小綺麗に過ごせている」と感じるのならばそれでいいのではないでしょうか。

ただ年をとるのではなく、素敵に年齢を重ねたい

年齢を重ねるとともに人間的な深みを手に入れたいと考えているママたちもいました。

『40代ってまだまだ綺麗な人も多いよ。人生経験を重ねた深みや落ち着きも出てくるときだし、人によってはすごい色気を持ってる人もいる』

『私は可愛くて品のあるおばあちゃんになりたいよ! オシャレというか、自分の心地いいもの着たり。年齢相応に健康で明るく、ユーモアのある女性でいたい』

若いときのような魅力はなくても、年齢を重ねるとともに別の魅力を引き出すことはできるでしょう。年齢相応の品のよさや色気、そして落ち着きやユーモアを身につけたいと考えるママたちも。年をとることに抗えないならば、素敵に年齢を重ねたいものですね。

外見も大切だけど……中身も重要!

『年齢を重ねるのなら、可愛いおばあちゃんになりたいなぁと思う。かなり高齢になるにしたがって、中身勝負になっていくのがすごくよくわかる』

『綺麗でいようとする事だけがいいわけじゃないよ。綺麗でい続けたい人、趣味に没頭したい人、今のまま穏やかに生きたい人。自分なりに幸せだとか楽しいとか思えることを見いだせるといいよね』

外見と同じくらい中身も大切とのコメントも寄せられました。心に余裕があったり、趣味に没頭していたり、年を重ねるごとに人間的な魅力が溢れる人になりたい……とこちらのママたちは願っているのではないでしょうか。

40代に突入し、「自分が女性として終わっていくのが悲しい……」と嘆いていた投稿者さん。白髪やシワ、また体型など自分の体に目に見えて変化があると焦ってしまうものかもしれません。しかし育児や経済面で余裕が出始めたならば、自分が綺麗になるために時間やお金を費やしてもいいのではないでしょうか。またこれからは周りに可愛いと思われるためにというよりは、自分で心地よいと思えるようなオシャレの仕方にチャレンジするという方法もありそうです。自分自身をほどよく磨くことで人間的な深みも出て、さらに魅力が増すかもしれませんね。

文・motte 編集・みやび イラスト・Ponko

【つぎ】の記事:<無神経な義母と夫>夫の女友だちの話ばかり!ついにはお古までプレゼントされ!?【第1話まんが】

motteの記事一覧ページ

関連記事

<私はいつまで女?>【前編】40代、女として終わっていくのが悲しい。何を楽しみにしたらいい?
「人生は不平等」……なんてよく言われますが、それでも全員平等なこともあります。そのひとつが「年をとる」ことではないでしょうか。人によっては年齢を重ねることに抵抗がある方もいるかもしれませんね。...
母親ならオシャレはNG?多くのママが「とんでもない!」と答える、そのワケは?
子どもができると毎日がせわしないですが、ママになった今、あなたはオシャレを楽しむことはありますか? ママのオシャレに関して、ママスタコミュニティでは以下のようなトピックが登場しました。 『「母親...
年々ひどくなる髪の毛のパサつき。サラサラヘアのために実践している“美髪”対策4つ
みなさん、髪の毛に関するお悩みはありますか? ある投稿者は、髪の毛が年々パサパサになっていることに悩んでいると相談しています。 『髪がパサパサ。年々ひどくなっている気がします。お風呂あがりに...
参考トピ (by ママスタコミュニティ
40代 女として終わっていくことが悲しい