いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

<男女差別>裁縫が苦手!「女の子なのに」コンプレックスを抱えた私【第3話まんが:ママ友の気持ち】

前回からの続き。1年前の話です。私は子どもの頃から手先が不器用で、裁縫がとても苦手。ボタン付けひとつに四苦八苦する私を見て、母はありえないといった表情をしながら「女の子なのに何でできないのかしらね」とため息をついていました。
男子が手芸部 ママ友サイド1

娘が産まれてからも裁縫へのコンプレックスは消えないままでした。周囲のママ友たちが幼稚園や小学校の布グッズを手作りしているのを見ながら、仕方なく市販品で済ませる自分が嫌になったりもしました。そしてマサヤくんママの言葉に驚いた私は、思わず「男子が手芸部なんておかしいんじゃないの?」と返してしまったのです。
男子が手芸部 ママ友サイド2
娘の言葉を聞いて私は複雑な気持ちになりました。娘も私と同じくあまり手先が器用ではありません。バカにしたような態度は娘自身のコンプレックスの裏返しのように聞こえたのです。すぐに「その言い方はちょっとひどいんじゃない?」と娘をたしなめましたが、自分がマサヤくんのママに言った言葉も同じだったのかもしれません。

男子が手芸部 ママ友サイド3
文化祭当日、娘と待ち合わせていた私は人だかりがあるのに気づきました。そこは手芸部の作品展示コーナー。マサヤくんの作品は本格的で、あまり手芸に詳しくない私でも努力して時間をかけて作り上げたことが分かります。「男子が手芸部なんておかしいんじゃないの?」と言った自分をあらためて反省しました。

その後、娘は手芸部のコーナーで作らせてもらったというストラップを見せてくれました。マサヤくんのことを感心しながら話す娘が微笑ましく、私の心もほぐれていくような気がしたのでした。

【第4話】へ続く。
原案・ママスタコミュニティ 文、作画・猫田カヨ 編集・井伊テレ子

※この漫画はママスタコミュニティに寄せられた体験談やご意見を元に作成しています。

猫田カヨの記事一覧ページ

関連記事

<男女差別>不器用な私に「一緒に作る?」コンプレックスが飛んだ【第4話まんが:ママ友娘の気持ち】
前回からの続き。1年前の話です。私は中学1年生のユナです。ずっと手先が不器用なことがコンプレックスでした。特に裁縫が苦手で、家庭科の課題にはいつも苦労していました。 小学校の頃から手先が...
<男女差別>中1息子が希望した「手芸部」ママ友が「男子なのに」と非難【第1話まんが:母の気持ち】
1年前の話です。息子のマサヤはこのたび中学生になりました。昔から手先が器用で細かい作業が得意です。手芸が好きな私の影響か、小さい頃から裁縫や編み物に親しんできました。その腕前は今や私も感心するほどです...
<祖父母のジェンダー観>孫娘「黒か紺のランドセルがいい!」え、女の子なのに……?【中編まんが】
前回からの続き。これは昨年の話です。来春小学校に入学する孫娘の陽菜ちゃんは、黒か紺のランドセルを希望しています。私はランドセルの色のせいで、周りからいじめられたりしないか心配なのです……。 日曜...