いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

<自意識高い子ども>親に向かって「貧乏人の子って最悪」言い放つ高校生の娘【前編まんが:親の気持ち】

娘のレイナは私立女子高1年生。入学して半年を過ぎた頃からでしょうか、レイナは何かと親に対して不満を漏らすようになったのです。ある日、友人のミチルちゃんが家に遊びに来ていたのですが、帰った後にこんなことを言い出しました。
1-1

1-2 (2)

1-3 (2)
レイナは不服そうな態度のまま、卒業した中学の部活の稽古へ出かけて行きました。周りをうらやましく思う気持ちは理解できますが、だからといって不必要なものまで買ってやる気はありません。なにより腹が立つのはあの言い方! 怒りがおさまらない私は、思わず帰宅してきた夫に愚痴ってしまったのでした。

中編へ続く。
原案・ママスタコミュニティ 脚本・千永美 作画・うーにゃ 編集・井伊テレ子

※この漫画はママスタコミュニティに寄せられた体験談やご意見を元に作成しています。

うーにゃの記事一覧ページ

関連記事

<親ガチャ失敗>親に向かって「貧乏人の子って最悪」と言い放つ高校生の娘【中編まんが:娘の気持ち】
前回からの続き。私は高校1年生のレイナ。高校で知り合った友達ミチルの家はとてもお金持ちで、財布にはいつだって私の何倍ものお小遣いが入っています。最初はただただ羨ましかったのですが、最近は一緒にいるとな...
【前編】お金がない!裕福な家庭からの突然の転落……わが家の「貧乏をカモフラージュ」する作戦とは?
私は幼稚園に通う女の子2人のママです。近所のママ友たちにも恵まれ、平穏な毎日を過ごしていました。 夫は仕事を探しながら朝から晩までアルバイトをしていますが、会社員時代の給料には到底及びません。私...
<義母の嫌がらせ>「あなたは所詮他人だから」だんまりの旦那。なぜ?【前編:ダメパパ図鑑79人目】
「わが家のインターホンのなる音」と同時に、私は深いため息をつきます。 義母の買ってきた高級弁当に舌つづみをうつ3人。そしてそれを見つめるだけの私。そう、義母は毎回お弁当を買ってきてく...