いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

<祖父母のジェンダー観>孫娘「黒か紺のランドセルがいい!」え、女の子なのに……!?【後編まんが】

前回からの続き。小学校に通っている子どもたちのランドセルの色のバリエーションを見て、時代が変わっていることを痛感した祖父祖母の私たち。「黒か紺のランドセルがいい!」という陽菜ちゃん(孫娘・来年1年生)の希望を改めて確認し、息子夫婦が住むマンションに戻ってきました。すると同じマンションの人に話しかけられ……。
3-1
3-2
3-3

3-4
3-5
3-6
3-7

3-8
3-9
体格など、男女の性差は当然あります。でもそれ以上に「男の子だから」「女の子なのに」といった言葉のもと、ちゃんとした理由もなく押し付けられてきたことが多いのかもしれません。孫娘の入学準備をきっかけに、子どもたちが学ぶ教育現場で新しい価値観が生まれているのを知りました。男の子・女の子に関係なく、みんなが笑顔で自信をもって成長していってほしいです。そのためには、おじいちゃん・おばあちゃんも意識改革もしていかなくてはいけませんね。

原案・ママスタコミュニティ 脚本・千永美 作画・ゆずぽん 編集・荻野実紀子

【つぎ】の記事:<クセ強め!トラブルの予感>旦那に突然依頼「ママ友の家を作って」正直、断りたい……【前編まんが】

※この漫画はママスタコミュニティに寄せられた体験談やご意見を元に作成しています。

関連記事

<注意!不審者情報>公園のベンチに寝転ぶおじさん。視線の先には……小学生の娘!?【前編】まんが
わが家には3つ違いの息子と娘がいます。これは息子が小学5年生、娘が小学2年生のときのお話です。 おやつを食べておしゃべりした後、みんなで近所のA公園に行くことになったのです。 娘は普段...
<祖父母のジェンダー観>孫娘「黒か紺のランドセルがいい!」え、女の子なのに……!?【前編まんが】
息子夫婦には、年長の陽菜ちゃんと3歳の翔くんがいます。陽菜ちゃんは私たち夫婦にとっては初孫。来春には小学校に入学するので、ランドセルを買ってあげるつもりです。 ところが先日、お嫁さんから意外なこ...
<義母の嫌がらせ>「あなたは所詮他人だから」だんまりの旦那。なぜ?【前編:ダメパパ図鑑79人目】
「わが家のインターホンのなる音」と同時に、私は深いため息をつきます。 義母の買ってきた高級弁当に舌つづみをうつ3人。そしてそれを見つめるだけの私。そう、義母は毎回お弁当を買ってきてく...