いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

<義母の無茶ブリ!>「汚すし壊すから」義母が息子にくれるのは「中古ランドセル」!?【前編まんが】

数年前の話です。私は2人の息子を育てるマキです。長男のタツキは年中さんで、あと1年と少しで小学校入学を迎えます。とりわけランドセルに憧れがあるようで、まだ少し購入には早いのですがカタログを広げては嬉しそうに眺めています。
前編①新一年生の息子に中古のランドセルを使えという義母

一瞬、何を言われているのか分からずフリーズしてしまいました。慌てて断ろうとしましたが、義母はまったく聞く耳を持たずにまくし立てます。
義母「どうせ男の子なんてすぐ汚すし壊すんだから、多少ボロくたっていいでしょう? タダでもらえるんならそっちのほうが絶対いいわよ! そういうことだから、じゃあ、またね」
私「ちょっ……ま、待ってください、お義母さ……」
前編②新一年生の息子に中古のランドセルを使えという義母
一方的に「お下がりのランドセルを使え」と言われて気分は最悪です。タツキには私がちゃんと新品のランドセルを買ってあげるつもりです。お金を出さないんだったら口も出さないでほしいのです。モヤモヤは募るばかりでした。その日の夜、帰宅した夫に早速相談してみると……。

前編③新一年生の息子に中古のランドセルを使えという義母
今回は義母のとんでもない申し出で心を乱されてしまいました。しかし夫が義母に賛同するのでなく、タツキの気持ちを一番に考えてくれてよかったです。夫がきっぱり「断る」と決めてくれたので、後のことは夫に任せたいと思っています。

中編へ続く。
原案・ママスタコミュニティ 脚本・大島さくら 作画・なかやまねこ 編集・井伊テレ子

※この漫画はママスタコミュニティに寄せられた体験談やご意見を元に作成しています。

なかやまねこの記事一覧ページ

関連記事

<義母の無茶ブリ!>高額!孫のランドセル。でも私が贈りたい。解決策は【中編まんが:義母の気持ち】
前回からの続き。数年前の話です。私は地方都市に住む60代の専業主婦です。来年、孫のタツキが小学校入学を迎えることになりました。タツキはわが家の大切な跡取り。嫁の実家に先手を打たれる前にこちらがランドセ...
<怖い義母……>家業を継ぐ旦那と結婚「しっかり頼みますよ」私の手を握ってきた義母【第1話まんが】
今から5年前のお話です。4歳年上のタツヤとは友人の紹介で知り合いました。優しく思いやりのあるタツヤと、互いに結婚を意識するのに時間はかかりませんでした。タツヤはいずれは会社を辞めて家業を継ぐつもりでい...
<嫌われる義母>痩せアピール「ママみたいに食べるとブタになるよ」【第1話まんが:長男嫁の気持ち】
これは去年のエピソードです。私はハルカ。30代半ばの専業主婦で、6歳と2歳の男の子のママです。夫とは結婚して10年になります。優しい夫に可愛い子ども、毎日とても幸せなのですが……実は、義母のことで困っ...