いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

<義母の無茶ブリ!>高額!孫のランドセル。でも私が贈りたい。解決策は【中編まんが:義母の気持ち】

前回からの続き。数年前の話です。私は地方都市に住む60代の専業主婦です。来年、孫のタツキが小学校入学を迎えることになりました。タツキはわが家の大切な跡取り。嫁の実家に先手を打たれる前にこちらがランドセルを買わないといけない……そう思っていました。
中編①新一年生の息子に中古のランドセルを使えという義母

私はランドセルが予想外に高いことを知って驚き、悶々と悩みます。そんなとき趣味で通っているスポーツクラブで偶然友達に会いました。しばらく雑談をしていると「うちの孫が今年もう小学校卒業するのよ」と言われたのです。
再修正:中編②新一年生の息子に中古のランドセルを使えという義母
私「うちの孫、来年入学なの! それを譲ってくれない?」
私がそう言うと一瞬、友達の表情が固まりました。少し黙られてしまい、何とも言えない間が空きます。

中編③新一年生の息子に中古のランドセルを使えという義母
私はスポーツクラブから帰宅すると、さっそく嫁のマキさんに電話をかけました。これでランドセルをただで手に入れられ、嫁の実家に買われてしまうことも防げます。私は贈ったランドセルを背負って微笑むタツキくんを想像してワクワクするのでした。

後編へ続く。
原案・ママスタコミュニティ 脚本・大島さくら 作画・なかやまねこ 編集・井伊テレ子

※この漫画はママスタコミュニティに寄せられた体験談やご意見を元に作成しています。

なかやまねこの記事一覧ページ

関連記事

<義母の無茶ブリ!>孫へ中古ランドセル!すべては自分のエゴだった……【後編まんが:義母の気持ち】
前回からの続き。数年前の話です。来年小学生になる孫のタツキにランドセルを贈りたいけれど、私の浪費癖が原因でうちにはお金がありません。そこで私は、友達のお孫さんが6年間使ったという「お下がりのランドセル...
<義母の無茶ブリ!>「汚すし壊すから」義母が息子にくれるのは「中古ランドセル」!?【前編まんが】
数年前の話です。私は2人の息子を育てるマキです。長男のタツキは年中さんで、あと1年と少しで小学校入学を迎えます。とりわけランドセルに憧れがあるようで、まだ少し購入には早いのですがカタログを広げては嬉し...
<怖い義母……>家業を継ぐ旦那と結婚「しっかり頼みますよ」私の手を握ってきた義母【第1話まんが】
今から5年前のお話です。4歳年上のタツヤとは友人の紹介で知り合いました。優しく思いやりのあるタツヤと、互いに結婚を意識するのに時間はかかりませんでした。タツヤはいずれは会社を辞めて家業を継ぐつもりでい...