いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

<働くママの苦悩>シッター代が月25万!?ワンオペ・キャリアママの大いなる決断【後編】まんが

前回からの続き。保育園に2人をお願いして、私は仕事に復帰をしました。仕事にはすぐ慣れましたが、育児に疲れた身体で以前のように働くのは体力的にキツかったです。思うようにいかないのが育児だと頭ではわかっていても、子どもの風邪など想定外のことが続くと内心穏やかでいられないことも多かったです。
後01 (2)
しかし、次の辞令で日本に帰国すると思っていた夫は、またも海外赴任となってしまいました。
夫:「俺、このままずっと海外勤務かも。このまま日本に帰れなかったらどうしよう……」
正直なところ、私は夫のキャリアまで考える余裕のない日々でした。
抱えているプロジェクトがかつてないほど忙しく、お迎えが間に合わないときや習いごとに連れて行けない日は、すべてシッターさんに助けてもらっていました。

後02 (2)子どもたちとのこと、仕事のこと、夫のこと、立ち止まっていろんなことを考えないといけないことはわかっている。でも目の前のことをこなすので精一杯。忙しいことを言い訳に、考えないといけないことを避けてきたように思います。
「仕事は大事、でも子どもが一番、夫や家庭も大切にしたい……」
「子どもと密接に過ごせる時間は今しかない……」

後03 (2)
私はキャリアを積むには「企業に勤め続けることが必要」だと会社勤めに固執していた気がします。今やスキルや学ぶ姿勢があればどこでも仕事ができる時代。子どもは刻々と成長していくし、世の中も変わる。
いまの自分にとって一番大切なものを見極めながら、柔軟に働けたらと思っています。
ちょっと突っ走りすぎて、子どもたちに迷惑をかけたこともあったけど、どんなときでも懸命に取り組んだ経験にムダはなかったと思いたいです。

※この漫画は知人の話を元に作成しています。
※新型コロナウイルスが流行する前のエピソードです。

脚本・rollingdell 作画・nakamon 編集・秋澄乃

【つぎ】の記事:<女性同士の結婚式>憧れの先輩が突然カミングアウト!心の偏見に気づき学びを得た日【前編】まんが

関連記事

<働くママの苦悩>シッター代が月25万!?ワンオペ・キャリアママの大いなる決断【前編】まんが
私は大学卒業後、メーカーに就職して仕事に邁進する日々でした。会社でビジネスの楽しさを知り、「もっと経験をつみたい!」とスキルアップのための留学を決意しました。 猛勉強の結果、見事アメリカの大学に行け...
まんが【前編】婚活中の友人「誰か紹介して」キャリアと結婚と出産 本当の理想はどこに? 揺れる心
前のめりにお願いしてくるレイコに、私は「うーん、ちょっと探してみるね」と返答しました。 その後、夫や私の仕事先、学生時代の友だちなどをたどり、2人の男性「Aさん」と「Bさん」が候補にあが...
<私の結婚観>「このまま結婚できない?」30代独身、子持ちの女性をどう見ていた?【前編】まんが
※このお話はあくまでも「個人の体験談」です。結婚や出産を勧める意図はありません。 私は現在42歳。3歳と1歳の子どもを持つママです。 結婚したのは30代後半、初産は39歳でした。 晩婚、晩産とい...