いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

<女性特有の人間関係>「私の友人とらないで!」60代の先輩ママ友が、豹変した日……【前編】まんが

一人娘が中学生なり、自分の時間がたくさん作れるようになりました。「何か自分の習い事をしてみたいな」と思っていると、近所に「海外での経験が豊富な先生」がレッスンしてくれるフラワーアレンジメントの教室を見つけたのです。
ママスタ単発6月1-1-1
先生はとても気さくで素敵な方でした。私に娘がいることを知ると、「あら、あなたも娘さんなの? 私も一人娘でもう大学生になるのよ」と一人娘をもつママ同士として親近感を持ってくれ、レッスンに通ううちに、ランチを一緒に行くなどプライベートでもお付き合いをするようになりました。

ママスタ単発6月1-1-2
ある日、教室に通っている田中さんに「私も撮影をお願いしたいんだけどいいかしら?」と言われました。田中さんは先生のお友だちで、自宅でお菓子教室を主催されている方です。
田中さん:「先生の教室のSNS写真を撮っているの、マリコさんなんでしょう? いつも素敵だなって見ているの。もちろんお仕事としてお願いするから。ね、お願い!」
仕事として受けるのならトラブルもないだろうと引き受けました。後日、田中さん宅に伺い撮影をするととても喜んでくれて、私も嬉しく思っていました。しかし……。

ママスタ単発6月1-1-3
正直、私にはまったく心当たりはなく「えっと…….」と困っていると、
先生:「大切なことだから直接会って伝えたいの」
と言われ、後日先生と待ち合わせすることに……。するとそこで驚くべきことを言われたのです。

後編に続く。

※この漫画は知人の話を元に作成しています。

原案・編集部 脚本・rollingdell 作画・んぎまむ 編集・荻野実紀子

んぎまむの記事一覧ページ

関連記事

<女性特有の人間関係>「私の友人とらないで!」60代の先輩ママ友が、豹変した日……【後編】まんが
前回からの続き。人生経験も豊富でお洒落な60代の先生と仲良くなり、嬉しく思っていた私。ある日、怒り口調で「大切なことだから直接会って伝えたいの」と電話がありました。後日、待ち合わせたカフェにはいつもの...
「いい加減にして!」道端で突然おばさん同士の大げんか!老後まで友人だと思ってたのに【前編】まんが
私には子どもが同級生で仲良くなったママ友、ユウコさんとミドリさんがいます。子どもが成長し、子ども同士は遊ばなくなっても、親同士はたびたび会ってお茶をしたりランチをしたりする仲が続いていました。 ...
【オバチャン言うとくわ、知らんけど!】 に関する記事一覧