いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

<いじめの時効>加害者とその親はいつまで責められるの!?「ヘラヘラ笑わないで!」【後編】まんが

前回からの続き。友人は静かに「いじめ問題の重大さ」について話してくれました。
<いじめの時効>

<いじめの時効>
私のやっていたことは自分のためにも娘のためにも被害者のためにもならないことだったと気付かされました。

<いじめの時効>
真剣な眼差しで目を見ながら語り掛けました。
「相手にも悪いところがある、そういった気持ちは捨てて考えなさい。
いじめをしたら、どれほど相手に傷をつくるのか、その傷を癒やすのがどれほど難しいか。取り返しがつかなくなることもある。いじめた側にもいいことなど一つもない。結局すべて自分に返ってくる。この街から追い出されても仕方ない。あなたがしたことはそういうことだ」
そういったことをすべて、娘が理解するまで、何度でも何時間でも、何日でも話し合います。

私の言葉や態度次第で娘がどんな人間になるか決まるのです。まだ今からなら、真摯に向き合えば、間に合うかもしれない。それは生半可なことじゃないと思う。けれど、本当に心から反省して謝罪することが被害者とその親御さんを少しでも救い、私たち親子のせめてもの罪滅ぼしになると思うのです。

原案・ママスタコミュニティ 脚本・物江窓香 作画・てる 編集・秋澄乃

【つぎ】の記事:<私立校マウント?>パート先の同僚が自慢ばかり……娘の受験にまで口出ししてきて!?【前編】まんが

※この漫画はママスタコミュニティに寄せられた体験談やご意見を元に作成しています。

関連記事

<いじめの時効>加害者とその親はいつまで責められるの!?「ヘラヘラ笑わないで!」【前編】まんが
娘は過去いじめをしました。それは小学生の高学年のときのことです――。 同じグループの女の子「A子ちゃん」に対して、無視をしたり仲間内で聞こえるように悪口をいったりしていたそうです。それが原因で周りの...
【前編】娘がいじめの加害者!?「だってむかついたから」娘の言葉にショック!どうしてこんなことに……?
私はシングルマザーで、一人娘を育てています。 娘がなぜ人を傷つけるような子に育ってしまったのか……。正直今後の娘の交友関係も心配です。それに娘が暴力を振るった子のママさんはいわゆ...
<わが子がいじめに?>「しんじゃえ!」暴言を吐く、娘の同級生【前編】まんが
最近、気になっていることがあります。うちの娘に、いつも何かと突っかかってくる同級生の女の子ケイちゃん。 娘が仲良くしている友だちは、ケイちゃんからからかわれても「気にすることない」と励ま...