いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

<いじめの時効>加害者とその親はいつまで責められるの!?「ヘラヘラ笑わないで!」【前編】まんが

娘は過去いじめをしました。それは小学生の高学年のときのことです――。
同じグループの女の子「A子ちゃん」に対して、無視をしたり仲間内で聞こえるように悪口をいったりしていたそうです。それが原因で周りの子たちもヒートアップして、いじめられていた子の親が先生に相談。わが家は母子家庭のため、私のみが学校に呼び出され校長室で話を聞きました。
<いじめの時効>

あまりのいわれように、校長先生が
「本人も反省しています。こんなことが二度と起きないようにいたしますから。しばらく様子を見ませんか。ご家庭でもしっかり話し合ってくださいね」と間に入ってくれて、その場は収まりました。
家に帰って娘に事情を聞きました。
<いじめの時効>
ダメなことだけれど正直、学校にはスクールカーストとか女子特有の事情とかがあるよね、と今回の事態をそこまで重くは考えていませんでした。

<いじめの時効>
しかし……先日クラスの参観日があり、帰り際。
いじめていたA子ちゃんのママに呼び止められて衝撃的なことを言われたのです。

中編へ続く。
原案・ママスタコミュニティ 脚本・物江窓香 作画・てる 編集・秋澄乃

※この漫画はママスタコミュニティに寄せられた体験談やご意見を元に作成しています。

てるの記事一覧ページ

関連記事

<いじめの時効>加害者とその親はいつまで責められるの!?「ヘラヘラ笑わないで!」【中編】まんが
前回からの続き。参観日で久しぶりに友達と会ったので談笑していました。友達と別れたそのとき――。 (参観日にきてママ友と談笑すらしちゃいけないの?)こみ上げてくる感情を抑えることができませんでした...
<わが子がいじめに?>「しんじゃえ!」暴言を吐く、娘の同級生【前編】まんが
最近、気になっていることがあります。うちの娘に、いつも何かと突っかかってくる同級生の女の子ケイちゃん。 娘が仲良くしている友だちは、ケイちゃんからからかわれても「気にすることない」と励ま...
<いじめと担任>いじめをちょっかいだと言い張る担任……親はどこまで出て行っていいの?【前編】
小6の娘が泣いて帰宅しました……。 そんな学校でのやり取りを毎日のように聞いています。 「先生に言ったら?」と言うと「先生はちょっと注意するだけで“自分たちで解決しなさい”ていわれる…」と娘は...