いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

よその夫婦ネタばかりを話題にするママ友。他人にそんなに興味あるものなの?

131_ママ友_んぎまむ
みなさんはママ友とお喋りするとき、いつもどのような話題になりますか? お子さんのことや学校のこと、保育園や幼稚園のこと、なかには自分たちの夫婦仲について赤裸々に語る人もいるかもしれませんね。では自分の知らないところで、誰かが自分の家庭事情を話題にして盛り上がっていたとしたらどのように思うでしょうか?

『「〇〇さんところは××らしいよー」とか、「〇〇さんの旦那さんが~」とか人の夫婦の話をネタにする人をどう思う? 仲のいいママ友がそうなんだけど、私と仲がいいから話しているだけかと思ってたけど、人の家庭事情ばかりを話すから「アレ? この人ただ口が軽い女なのか?」と最近疑問に思うようになってきた。そんなに人の夫婦の話ってするもの? そんなに他人の夫婦に興味ある?』

投稿者さんはよその夫婦についての話題ばかりを口にするママ友に疑問を持ったようです。「みんなは他人の家庭に興味を持つものなの?」という投稿者さんの疑問に対して集まったコメントを紹介していきましょう。

他人の家庭事情に興味はある?

投稿を見たママたちからまず寄せられたのは、ややシビアなコメントでした。

『頭の中が暇なんだろうね。投稿者さんのことも他で言われているだろうから、気をつけたほうがいいかも』

『人に興味ないから、家庭なんてもっとない。そういう人って品がないよね』

子育てや家事、仕事などで忙しい日々、他人の家庭事情にまで興味が向かないこともありますよね。「頭の中が暇」なんて辛辣なコメントもありましたが、逆を言うと他人の事情を知ろうとする余力が投稿者さんのママ友にはあるのかも? 生活に余力があること自体は悪くないことですが、あまりにいろんなところで吹聴していてはママ友自身の評判に関わってきそうです。そのスタイルをママ友本人が楽しんでいるとしたら、振る舞いに気をつけるのはなかなか難しそうではありますが……。全ての人が他人の家庭事情に興味があるわけではないことが分かりましたね。

いるいる!スピーカーママ友

そもそも投稿者さんのママ友は他人の家庭事情をどのように入手しているのでしょう? 投稿者さんのママ友のような、いわゆる‟スピーカーママ友”には彼女たちだけが持つテクニックがあるようです。

『うちのママ友にそっくり。おしゃべり大好きだから、いろんな人の事情を話してくれる……。聞き出すのもうまい。で、それをまた別の人に話している。本人は自分のこと口が固いって本気で思っている。悪気なんて全くないし、悪いこと話していないからいいと思っているのかな』

たしかに場の雰囲気が良ければ、誰だって気分よく話せてしまうものですよね。うっかり「実はわが家もさ~」と家庭の事情を漏らしてしまうこともあるのではないでしょうか。その場だけならいいのですが、それを別の集まりで話されてしまうとしたら……。そうならないためにも楽しいお喋りの場であろうと、自分についての深い部分を話さないように気をつけたほうがよさそうです。

『こういうスピーカーって目立ちたがり、仕切りたがりなんだよね。口が軽いって自分が気付いていないからペラペラ喋っちゃうんだよ』

『うちの幼稚園にもいたわ。他人の旦那の仕事の休みまで把握していて呆れた』

『いるいる。疎遠にしたけど、本人は嫌われやすいって言っていた。さすがに言えないよね。いろんな人の家庭の愚痴とかベラベラ喋って、プラス……マウント。それが原因だよって』

ママたちのスピーカーママ友を見る目はかなり冷ややかなようです。聞き上手も1つの才能ですが、聞いた情報をなんでもかんでも第三者に喋っていいものではありませんよね。もしかしたら話をしてくれた人は「あなたにだけ言うのだけど……」とスピーカーママ友を信頼して話してくれたのかもしれません。もし「この人、結構よその家庭のことを話題にしているな」と思う人がいたら、その人の前でプライベートな話をするのは控えたほうが身のためかもしれませんよ。

スピーカーママ友への対策は?

投稿者さんのママ友に悪気があるかは定かではありませんが、自分の家庭事情を勝手に広められて気分の良い人はいないでしょう。スピーカーママ友への対策はないのでしょうか。

『とにかく、へー知らなかったー、へーそうなんだー、知らなかったーを繰り返すしかない。変に話に乗ると、こっちが言ってもいないことを今度は周りに「〇〇さん最近こうなんだって」という話になるから』

『そういう人って不思議と話を聞き出すの得意なんだよね。投稿者さんも口車に乗せられないように気をつけてね! 当たらず障らずに返答しておくのが1番だよ』

自分の家庭事情をスピーカーママ友から守るために有効な方法は、やはり「自分からは話さないこと」のようです。もし尋ねられても核心には触れず、はぐらかすのが最善の策なのかもしれません。自分以外の誰かの家庭事情の話になったときも、当たり障りなくかわして話題を変えるのがよさそうですね。

要注意なママ友の前では「喋らない」「知らない」のスタンスを取ることで、自分自身だけでなく他のママ友の家庭事情を守ることができるのではないでしょうか。もし投稿者さんがママ友と疎遠になっても構わないと思う場合には、こう言ってみるのもひとつの方法です。「自分の家庭事情は喋らないし、他人の家庭事情にも興味ないから」と。情報源にできない人物と見なされて、ママ友と距離を置くことができるかもしれません。「他人の家庭事情に興味のない人もいるんだ」と、ママ友も言動を改めてくれればよいのですが……。

文・子持ち鮎 イラスト・んぎまむ 編集・一ノ瀬奈津

子持ち鮎の記事一覧ページ

関連記事

ママ友 に関する記事一覧
口は災いのもと……ママ友に「ムカッ」っとした瞬間とは?
同じ年齢くらいの子どもを育てる、いわば「同士」のような存在でもあるママ友。子育てにおいて同じ悩みを共有できたり、情報交換をしたり「ありがたい」面もあれば、子どもを介してのお付き合いになるため、いろ...
ママ友と距離を置くことになった理由とは?陰口、口の軽さ、距離感……ママたちの本音あれこれ
知り合った人に対して「この人とは合わないかも……」と感じ、あえて距離を置いたという経験はありますか? 親族、友人、同僚などいろいろな人と付き合っていれば、なかには「合わない」と感じる場合もあるでし...
参考トピ (by ママスタコミュニティ
人の家庭の事情を話すママ友