いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

口は災いのもと……ママ友に「ムカッ」っとした瞬間とは?

pixta_31463511_M

同じ年齢くらいの子どもを育てる、いわば「同士」のような存在でもあるママ友。子育てにおいて同じ悩みを共有できたり、情報交換をしたり「ありがたい」面もあれば、子どもを介してのお付き合いになるため、いろいろな考え方の人がいて「あれ……?」なんて思う場面もあったりしませんか?

ママ友だからこそ話せる話もあれば、ママ友だからこそデリケートに扱わなくてはいけない話題もあり、その距離の取り方が難しいのもまた「ママ友関係」の興味深いところです。何気ない会話が一転、実はママ友の怒りを買っているのかも……? ママたちがママ友に「ムカッ」とした瞬間、あなたは身に覚え有りませんか?

マウンティング?ママ友が余計な詮索をしすぎて「ムカッ」

『いきなり旦那の仕事や年収を聞いてきたから「会社員、年収は平均」と答えたら、会社の名前や具体的な年収をさらに聞いてきた』

『旦那の大学名や会社名、我が家の乗っている車まで聞いてきたとき。「何のために? 何の審査?」って思ったよ(笑)』

『根掘り葉掘りプライベートな事を聞いてきて、それをそのまま周りの人達に話す。相手が聞いてこなくても、あの人は〇〇なのよ~と喋る』

自分のことに興味を持ってくれるのは嬉しいのですが、旦那さんの職業や年収などプライベートな内容まで根掘り葉掘り探られると、「何でそんなこと聞くの?」と、その真意が読み取れず不快に思ってしまいます。相手の方からすれば単なる「興味本位」や「話題作り」なだけかもしれませんが、何となく格付けされた気になるのも事実。それを周りの人に言いふらすなんてもってのほかです!

昔ながらの友達とは違う「ママ友」だからこそ、決して侵してはいけない境界線がここにあるのかもしれませんね。

どっちだって良いじゃん!ママ友が子どもの性別差別をして「ムカッ」

『やたら女の子アゲ、男の子はいらないだの言ってきたから』

『「もし次、妊娠して男の子だったらガッカリだね、同情するよ~」と言われた』

『次男を産んでからすぐに会ったとき、姉妹ママに「やっぱり男の子育児って大変なんだねぇ、疲れてるね! 老けたね!」っていきなり言われた』

『妊娠報告したら「絶対男産まれるね!」って言ってきた。自分は三姉妹産んだのを何故か自慢に思ってて、男児を見下してくる』

男の子も女の子も、どちらにも素敵な面があり「どちらが良い」ということはありません。冗談だったとしても、一方的に片方の性別にケチをつけるような発言は、カワイイ我が子のことをけなされたような気がしてテンションが下がります。

話す相手はあくまでも「ママ友」。どうかその先には、大切な子どもの存在があるということを忘れないでほしいですね。

自分の価値観を押し付けてくるママ友の一言に「ムカッ」

『遊んでる自慢をしてきては「あなたももっと遊ばなきゃ」とうるさく誘うから疎遠にした』

『自分の教育論を押し付けてくる』

『私、薬剤師なんだけどママ友に「薬出すだけで給料いいんだってね? いいよねー楽そうで(笑)」って言われた』

「子どもの年が近い」という共通項だけで集まったママ友は、趣味や経歴、もちろん価値観もバラバラです。いろいろな意見があり、いろいろな個性の持ち主の集まりの中で「自分が正しい」は要注意! 「自分の考えに自信をもつ」ことは大切ですが、それを「相手にも教えてあげたい」は大きなお世話ですね。

皆さん子どもを育てる立派な大人ですから、それぞれの考え方を尊重し合うことが大切なのではないでしょうか。

「親しき中にも礼儀あり」の範疇を超えたその一言、その行動に「ムカッ」

『「そのバッグどこの?」って聞かれたから答えたら、「えーそう見えなかったー。ブランド物買うんだね~」って言われた時』

『私がブランド物の財布を小銭貯金で買ったって言ったら、「でも旦那のお金だよね?」って言われた』

物の「価値」だって人それぞれです。高かろうが安かろうが、その人自身が気に入って使っているなら、あえて「値段」や「お金の出どころ」について言及しない方が無難かもしれません。

『自分の子どもに授乳するついでに、私の子どもにも勝手に乳を吸わせてた』

なぜそのようなことをしたかは疑問ですが(笑)、まずは一度確認していただきたいところですね。「これくらいイイかな?」の「これくらい」は、人によって違うのでお気をつけて!

『「学生の時体育できなかったでしょ」って言われた。その人は体育できたって、いつも自慢話ばっかで疎遠にした』

人にはそれぞれ得意、不得意があるものです。「できない」ことをバカにする姿、子どもはしっかり見てますよ……。

 

読んでいると、思わず明日からのママ友との会話に力が入ってしまいそうですが(笑)、子どもを産まなければ出会わなかったであろうママ友は、子どもを産んだからこそ出会えたママ友でもあります。相手に対する適度な配慮と距離を保ちながら、せっかくの「ご縁」を大切にしていきたいですね。

あなたはママ友に「ムカッ」とした瞬間はありますか?

 

文・渡辺多絵 編集・しのむ

関連記事

おもてなしが豪華すぎるママ友との付き合い方に悩む……「親としての姿勢」に関するママたちのアドバイスとは
「子どもがいなかったら、出会うこともなかっただろうな」と思う人と交流が生まれたり、友だちになれたりすることは、子育てをする中での楽しみのひとつだと感じている筆者。“子育て”という共通点と絆で繋...
実家に頼るママ友が気になる心理 良いこと?頼りすぎ?正直羨ましい?
あなたのまわりには、実家をよく頼っているママ友はいますか? ママ友がママ友自身の実家を頼っていることなのであくまで「よその家庭の事情」のはず。それなのに、なぜか気になってしまう……そんなママが...
帰宅後ドッと疲れが……「ママ友と接する時間」の不思議
あなたはママになってから、どんなことに疲れを感じますか? 洗濯や食事作り、買い物、子どもたちのお世話……。育児に家事に仕事にと頑張るママたちにとって、日々の生活は疲れることであふれているかもしれま...
参考トピ (by ママスタジアム
ママ友と話しててムッとした事、距離置いた理由