いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

husband

ケンカするより良い!?旦那さんにイラっとしたとき、笑える程度の小さな復讐をする人たち

190_旦那_ごぼふく_20201128使用

日常を夫婦として過ごしている最中、旦那さんに対してイラっとすることがありますよね。新婚当初はその度にイライラをぶつけてケンカになったりしていたかもしれません。しかし夫婦歴が長くなってくると、わざわざケンカをするよりも隠れたところで小さな復讐をしてすっきりするほうが楽だということに気づく人もいます。復讐といっても、くすっと笑えるレベルのもの。そんな小さなことでイライラが解消できるなら、ケンカするよりもずっといいですよね。皆さんの小さな復讐を集めてみました。

旦那さんにイラっとしたときの反撃。これですっきりするならOK!?

やられている旦那さんの反応を見たら、すっきり! でもそこまで被害もない、そんな復讐方法です。

『入浴中、トイレ中に電気を消す』

『ゴキブリのおもちゃに透明のテグスをつけて、旦那の太ももに這わせたら「ぎゃああああああ」って飛び上がってた』

『靴紐をめっっっっちゃ固く結ぶ。外出時に「あれ? あれ?」と焦っている背中を見てニヤニヤする』

『「髪にゴミついてるよ、とってあげる」って言いながら5本くらい抜いちゃう』

『洗濯物を裏返しで出していたら、全部そのまま洗ってそのままクローゼットに戻しておく』

『食事のメニューは旦那の嫌いな食材オンパレード』

やられたほうも思わず笑っちゃう?

やるほうだけではなく、やられたほうも思わず笑ってしまうような復讐(?)も。これはもう、復讐というより楽しんでますね。

『ビジネスバッグの社用携帯を入れるポケットに、おもちゃの電話を入れてやった』

『スマホ画面を私の顔にする』

『お箸とふりかけはアニメの女の子のキャラクターもの』

『寝ているときに、すね毛をピンセットで抜く』

『ペンを貸してと言われたとき用に、ビリビリがくるやつを用意してる』

これはちょっと笑えないかも……

中には、「ちょっと、やりすぎでは……」と思うものも。内容によっては、旦那さんに知られないようにしたほうがいいものもあります。

『旦那の歯ブラシで洗面台を磨いたことならある』

『お弁当代を全て一円玉で渡す』

『賞味期限が切れたものは全て旦那のお弁当へ!』

『旦那の料理だけ塩を大量に使う』

『ポケットに虫の死骸を入れておく』

『まだ冷える夜に寝具を接触冷感にしてやる』

小さな復讐は内容によってはかわいくて、微笑ましかったりしますよね。旦那さんが気付いて、一緒にクスっと笑えるものであれば、こういうコミュニケーションを取ることで夫婦の絆が深まるような気がしませんか? 復讐という名のいたずらができる夫婦は、実はとても素敵な夫婦なのかもしれませんね。(もちろん、笑えない内容のものは別ですよ!)

文・鈴木じゅん子 編集・しらたまよ イラスト・ごぼふく

鈴木じゅん子の記事一覧ページ

関連記事

【前編】旦那が義母に合鍵を渡していた!怒れるママが思いついたアイデアとは?
ある日買い物から帰ってきたら、家の前に「見覚えのある車」が停まっていました。義母の車に似ています。しかし義母はこれまで事前の連絡なしに訪問してきたことはありません。 不思議に思いながらも、家に入ると...
【前編】よその孫と自分の孫を比べたがる義母「今日はハッキリ言わせていただきます!」私の反撃は……
義母は息子が生まれてから、以前にも増して過干渉になりました。最近は2日に1回はビデオ通話がかかってきて苦痛です。 たわいもない話ならまだいいのですが、何かにつけて生後10ヶ月の息子の成長をよ...
【前編】「今どきの嫁は!」義母と義姉からの暴言。LINEをブロック、着信を拒否したら……
結婚し子どもを産んでからというもの、「義母からの心無い言葉」に心を痛めてきました。 義母とはうまくいきませんでしたが、義姉とはお互いの娘の年が近かったのもあり仲良くしていました。 ...
参考トピ (by ママスタコミュニティ
旦那に笑える程度の小さい復讐をするとしたら