いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

最終回まんが【第8話】夫のことを「疫病神!」とののしる母。母「娘に飲食店勤務の男性は嫌」<母の気持ち>

前回からの続き。私・マリコは夫のことを「疫病神」だと言った母と言い合いになってしまいました。しかし今後のことを話す必要があり私たちは実家へ……。重苦しい雰囲気のなか、口を開いたのは夫のユウスケでした。
夫のことを「疫病神!」とののしる母。
ユウスケ「最初、家の家賃がいらないと言っていただいた時点で、しっかりとお断りするべきだったんです。結婚とは経済的にも精神的にも親から自立することなのに、いつまでもダラダラ頼ってしまってすみません」
マリコ「……私もラッキーくらいに思ってて……。ごめんなさい」

夫のことを「疫病神!」とののしる母。

夫のことを「疫病神!」とののしる母。
夫のことを「疫病神!」とののしる母。
それから私は、以前よりも実家と行き来する回数を減らすようになりました。ユウスケは会社公認で副業をしながら家計を守ってくれています。私はお腹の赤ちゃんを迎える準備をしながら、出産後の再就職について調べはじめました。実家にはこれまでずいぶん甘えてしまいましたが、これからは自立したひとつの「家庭」を築いていこうと思います。

原案・ママスタコミュニティ 脚本:渡辺多絵 作画・なかやまねこ 編集・井伊テレ子

※この漫画はママスタコミュニティに寄せられた体験談やご意見を元に作成しています。
実母とのトラブル記事をもっと読む:「うるせえ!」夜中に泥酔して大声をあげる母……。

なかやまねこの記事一覧ページ

関連記事

新連載まんが【第1話】夫のことを「疫病神!」とののしる母。「結婚には反対だった」と言い出して……
私は両親の愛情を受け、小さい頃から何不自由なく育てられました。特に母とは仲良しです。 看護師として忙しい日々を送っていた私はある日、居酒屋のテーブルでうつぶせになって思わず愚痴をこぼしていま...
まんが【前編】「介護は嫁がするもの、だから同居しよう」「仕事も辞めればいい」義父からの電話が地獄
義母が足をケガして入院しました。退院はできたのですが、医師から「若い人のように元には戻らず足が不自由なままの可能性が高い」と言われたそうです。つまり以前のようには生活できなくなり、たびたびサポートが必...
【前編】「この裏切り者!」子を悪口に同調させることで 精神を保つ私の母。早く逃げたい #毒親日記
私は「会話」とは「人の悪口」で成り立つものだと本気で思っていたくらい、母は、父をはじめ、今日会った人、お隣さん、テレビに映る有名人、誰かれ構わず悪口を言う人でした。そして自分の言い分に同調してもら...