いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

【第7話】夫のことを「疫病神!」とののしる母。母「娘に飲食店勤務の男性は嫌」<母の気持ち>

前回からの続き。娘のマリコが結婚相手に選んだのは飲食店に勤める男性でした。娘夫婦に次々と訪れる苦境に、私はつい「やっぱりあの男は疫病神よ!」と言ってしまったのです。娘と言い合いになり落ち込んでいた私に、夫が声をかけてきました。
夫のことを「疫病神!」とののしる母。
驚きました。ユウスケさんがそんなことを考えていたとは……。夫は続けて言いました。
「ユウスケ君はしっかりとした男だよ。給料の面でいえばもしかしたらお前の理想からは外れてしまっているのかもしれないけれど、温かい心をもった素敵な男性だ」
でも彼と結婚したせいでマリコは不安定な生活を送ることになってしまった。このままじゃマリコがどんどん不幸になってしまうかもしれない。そんなこと、私には耐えられない……。しかし夫は私を諭すように言葉を続けます。

「ユウスケ君といるときのマリコはとても幸せそうだ。大切な娘を託すんだから、相手に理想を求めすぎてしまう気持ちはわかるよ。でもな……」
夫のことを「疫病神!」とののしる母。

夫のことを「疫病神!」とののしる母。
そのときインターホンが鳴りました。モニターの画面を覗くと、ユウスケさんとマリコがふたりで立っていました。

最終回【第8話:母の気持ち】へ続く。
原案・ママスタコミュニティ 脚本:渡辺多絵 作画・なかやまねこ 編集・井伊テレ子

※この漫画はママスタコミュニティに寄せられた体験談やご意見を元に作成しています。

なかやまねこの記事一覧ページ

関連記事

最終回まんが【第8話】夫のことを「疫病神!」とののしる母。母「娘に飲食店勤務の男性は嫌」<母の気持ち>
前回からの続き。私・マリコは夫のことを「疫病神」だと言った母と言い合いになってしまいました。しかし今後のことを話す必要があり私たちは実家へ……。重苦しい雰囲気のなか、口を開いたのは夫のユウスケでした。...
新連載まんが【第1話】夫のことを「疫病神!」とののしる母。「結婚には反対だった」と言い出して……
私は両親の愛情を受け、小さい頃から何不自由なく育てられました。特に母とは仲良しです。 看護師として忙しい日々を送っていた私はある日、居酒屋のテーブルでうつぶせになって思わず愚痴をこぼしていま...
【前編】「この裏切り者!」子を悪口に同調させることで 精神を保つ私の母。早く逃げたい #毒親日記
私は「会話」とは「人の悪口」で成り立つものだと本気で思っていたくらい、母は、父をはじめ、今日会った人、お隣さん、テレビに映る有名人、誰かれ構わず悪口を言う人でした。そして自分の言い分に同調してもら...