いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

まんが【後編】義母と実母の間で板挟み「自慢したいだけだろ?」せっかくの孫の初節句にケチをつける

生後7ヶ月の息子の初節句。義実家でお祝いするつもりでしたが、私の実母がへそを曲げてしまいました。そのため、まずは義実家でお祝いをしてもらったあと、別日にわが家に実母と義両親を招いてお祝いするのはどうだろう……ということを夫に相談しました。
(後編)息子の初節句。義母がお祝いを仕切ることに、プチ毒親の実母が横やりを入れてきた1夫は心から賛成しているわけではなさそうでしたが、残された選択肢の中では1番ベターな案じゃないかと思ったのです。さっそく実母に電話で伝えたところ……。

(後編)息子の初節句。義母がお祝いを仕切ることに、プチ毒親の実母が横やりを入れてきた2
自分の中で、何かがプツンと切れる音がしました。次の瞬間、私は怒鳴っていました。
(後編)息子の初節句。義母がお祝いを仕切ることに、プチ毒親の実母が横やりを入れてきた3初節句のお祝いにまつわるあれこれの言葉は、実母にとっては単なるアドバイス程度だったというのです。でも、私にとっては……昔から逆らえない存在である実母の言葉を、必要以上に重く受け止めてしまったのです。 最後に母はこう言いました。「あれこれ文句を言ってごめんね。初節句、私も向こうのお宅に行くよ。あっちに行ったら何も言わず、いい人を演じるから安心して」そう言われて、一気に安堵し肩の力が抜けました。

(後編)息子の初節句。義母がお祝いを仕切ることに、プチ毒親の実母が横やりを入れてきた4
義両親、実母とともに、無事に息子の初節句を終えることができました。2年前の話ですが、端午の節句が来るたびに思い出します。そんな息子ももう2歳。今年は自宅でのんびりと、息子とパパと私の3人で、小さな兜を飾ってお祝いしようと思います。

原案・ママスタコミュニティ 脚本・大島さくら 作画・善哉あん 編集・一ノ瀬奈津

※この漫画はママスタコミュニティに寄せられた体験談やご意見を元に作成しています。

善哉あんの記事一覧ページ

関連記事

まんが【前編】義母と実母の間で板挟み「自慢したいだけだろ?」せっかくの孫の初節句にケチをつける
もうすぐ端午の節句。生後7ヶ月の息子にとっては初節句です。手狭な賃貸住宅に住んでいるので、息子にはコンパクトな兜を義両親から買ってもらいました。一方、東海地方に住む義両親の家には、高さが1メートルもあ...
【前編】「まともな親に育てられたかった」毒親の記憶から抜け出せない私を救った言葉 #毒親日記
私には5歳の娘がいます。 娘のことは可愛いと感じるときはあるものの、心からの笑顔を向けることができません。そんな自分が大嫌いです。公園で子どもたちを遊ばせながらママ友と話しているときも……。 ...
【前編】義母が贈ってくれた五月人形を売ったら大変なことに
上の息子が初めての端午の節句を迎える際、義母から五月人形を贈りたいと言われました。最初は「好みもあるだろうから一緒に選びに行かない?」と言われたのですが、子育てで大変だったこともあり「お義母さんにお任...