いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

まんが【後編】92点で怒られた息子。厳しすぎるエリートの夫「お前が甘いからこうなるんだ!」

前回からの続き。思いやりに欠ける夫ですが、いつかは心が通じ合う日が来るのでは……と淡い期待を抱いていました。しかし、そんな私の思いを全て無にするような言葉を、夫の口から聞いてしまうのです。
ある夜、夫は仕事の飲み会で酔ってべろべろになって帰って来ました。私は彼を介抱しながらも小言を言います。
92点を取った息子_出力_007
もう夢を見るのはやめよう。 この人はこういう人間。それは変わらないし、変えることもできない。 だったらどうすれば息子の心を守れるか、ひいては息子の未来を守れるか、今はそれだけを考えよう……。 数日後。私は息子とふたりきりになったとき、こう言いました。

私「ごめんなさい、お父さんがいつもあなたを傷つけるようなことばかり言って」
息子「ああ……」
私「お父さんの言っていることは気にしないで」

92点を取った息子_出力_008
「このままじゃ壊れてしまう……お父さんはああいう人なんだって、人としての温かさを知らないまま育った可哀想な人なんだ、って、一歩引いた目で見てもらえないかな……あなたが「大人の対応」をするの。私から見れば、あなたのほうが観察眼が鋭くて、思慮深くて、頭も柔らかくて、お父さんよりよっぽど大人に見える。だから……」

すると息子は、クスッと笑いました。
息子「僕のほうが大人、か……わかったよ、母さん。見方をかえてみる。もう父さんの言うことに振り回されるのは、やめにする」
私「ありがとう……辛くなったらいつでも言ってね。私はいつでもあなたの味方だから」

息子が穏やかに微笑んでくれました。
私はこの笑顔を守るために、これからも全面的に息子を肯定し続ける、と心に誓いました。
「ごめんね、ママの遺伝子が半分入っているから、100点が取れないんだよ、きっと」
「100点が取れなくてもいい。母さんが母さんで本当によかった」
さまざまな事情を考慮して、今すぐ離婚! というわけにはいきませんが、息子の心は私が絶対に守ってみせます。彼が思いやりのある優しい大人の男になってくれる日を、心から楽しみにしながら――。

92点を取った息子_出力_009
いっぽう夫はというと、定年退職を間近に控え、昔に比べてすっかり人が丸くなりました。
ですが、多感な中高時代に厳しくされた息子は、今でも夫のことを避けています。いつか夫が「昔はすまなかった。お前には期待していたんだ」と言えるときが来たら……。それを息子が許せる日が訪れたなら……。夫と息子で、酒を酌み交わしたりすることもあるでしょう。そんなわかり合える日が来るといいな、と思っています――。

原案・ママスタコミュニティ 脚本・大島さくら 作画・べるこ 編集・秋澄乃

※この漫画はママスタコミュニティに寄せられた体験談やご意見を元に作成しています。

べるこの記事一覧ページ

関連記事

まんが【前編】92点で怒られた息子。厳しすぎるエリートの夫「お前が甘いからこうなるんだ!」
でも……そんな夫だからこそ、息子に対しても、学年で1位もしくは100点以外はいっさい認めないし、褒めようとしません。 確かに今回は100点ではありませんでした。 私自身は、勉強は...
【前編】「小学生は22時に寝るもの」という考えの夫。息子への行き過ぎたしつけに我慢できない!
私は夫と息子(小5)の三人家族で暮らす主婦です。 夫との考え方に最近疑問に感じるようになってきました。 それは、息子の就寝時間の決まりをめぐってのことでした。 私も、子どもが規則正しく生活す...
【ギリギリ旦那5】妊娠中の失言!早生まれのなにが悪い!編
あれは旦那・ウツタくんの友人との食事に私・ミチルも一緒に行ったときのことです。 ちょうど妊娠がわかって間もない時期だったので、ウツタくんは「子どもができたこと」を友人に報告しはじめました。 ...