いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

まんが【前編】「息子のチームに募金して!」「この個人口座に振り込み……?」友人のお願いだけど不安

【前編】
一見、何の問題もないようなやりとりですが、私はなんだかモヤモヤした気持ちになってしまいました。「子どもの習いごとの募金なんて友人に頼むこと? 身内で解決することでは?」と思ってしまったのです。Aさんの息子さんはもう中学生。ここ数年、家族の集まりには参加しておらず、誰しもが「これまで数回顔を合わせたかどうか」というレベルの付き合いです。でもグループのみんなが快諾している様子を見て、私の心が狭いような気もしています。

【前編】
正直あまり知らない友人の子のチームに募金するくらいなら、わが子にお金をかけたいと思ってしまいました。わが家の家計も決して余裕があるわけではないからです。しかし夫のメンツもあるし。「私がケチすぎるのかな…..」と思いましたが、お金のことをうやむやにはしたくなくて、夫にそれとなく募金のことを話すことにしました。

【前編】
私がこんなにモヤモヤしているというのに、なんとも頼りない答えの夫。そこで私は他の奥さんに聞いてみることにしたのでした……。

後編へ続く。
原案・ママスタコミュニティ 脚本・rollingdell 作画・よしはな  編集・一ノ瀬奈津

※この漫画はママスタコミュニティに寄せられた体験談やご意見を元に作成しています。

よしはなの記事一覧ページ

関連記事

まんが【後編】「息子のチームに募金して!」「この個人口座に振り込み……?」友人のお願いだけど不安
前回からの続き。夫の学生時代の友人から、友人の息子のサッカーチームの募金をお願いされモヤモヤする私。そこで別の友人の奥さんに相談することにしました。 チーム内で話し合われた結果、...
【前編】マウンティング大好きなママ友「いい歳してコンビニが仕事?」夫の仕事をあざ笑う。でも本当の職業は……。
私は5歳の娘を持つ専業主婦です。娘は幼稚園に通っています。娘の友だちが近所に住んでいて、そのママとも頻繁に顔を合わせるのですが、ある日のこと……。 (なんで笑っているんだろう……夫の仕事...
【前編】「もうプチプラって年齢でもないよね!」ママ友のマウンティング発言にイライラが止まらない
子どもの幼稚園の帰りにママ友親子と遊んでいたときのことです。 Aは私が大好きでよく履いてるブランド。それを知ってか知らずか「この間買った靴が履きやすくて疲れないし、良かったからもうAのスニーカー...