いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

fashion

アラフォー美容のモチベーションは旦那さんからの「かわいいよ」の一言!?キレイをキープする方法は?

082_ファッション_松本うち

年齢を重ねていくと、「どうせ、歳だし」とか「もう、アラフォーだし」なんて言い訳をして自分磨きを緩めてしまいがち。年齢が言い訳になるんですよね。しかし人生100年と考えたら40代、まだまだ若いんです。「まだまだこれから!」という気持ちを持つアラフォー女性の、ちょっとした悩みがありました。

『アラフォーだけど、美容やファッションには手を抜いていません。でも、周りが褒めてくれないと虚しくなります。特に旦那から褒められたいです。旦那は若い子ばかり見ているので、自分がこれからもっと年を重ねていくことを考えたら、なんだか悲しくなります。こんな気持ちでは、自分らしく素敵に年を重ねていける自信がありません。どのようにモチベーションを保てばいいですか?』

褒めてくれない旦那さんに悩むママにアドバイス

旦那さんに褒められたいというママ、かわいいですよね! しかしモチベーションを保つためには、誰かのためではなく、自分のために続けていくんだと考えるのがよさそうです。

『SNSと一緒だよね。好きで載せて満足なのか、いい反応が欲しくて盛るのか』

『褒めて褒めてって感じが出ているのかもよ』

『旦那に褒めてもらうということをモチベーションにしないほうがいいよ』

美容は自己満足の世界でいい

もちろん旦那さんに褒められたいという気持ちも大事ですが、それだけでは褒められた時点で目標達成してしまうかも? 自分のためという気持ちも大事なんですね。

『人に褒められるためというより自分のためのケアという意識』

『美容はほんと自己満足の世界でやってる。自分が心地よい感じで納得してるならそれで良いなと思ってるよ』

『自分が好きな物に囲まれているだけで幸せだし、好きな服を着ているだけで心地いい。それだけ』

『自分のために可愛くいようと思うよ。褒めて欲しいときは、旦那に「褒めて!」って言ってる(笑)』

『5年後、10年後に今やっている結果が明らかになると思うから、自分のためにと思って続けていくといいよ』

『自分の為に綺麗でいようよ! どうせ歳をとるなら、きれいに歳をとりたいじゃない』

『私は、すれ違う異性の視線を勝手にポジティブに捉えてるよ』

アラフォーが取り組みやすい簡単美容法

お金も時間もない! 忙しさに追われるアラフォーさんにおすすめの、美容力アップケアをご紹介します。

『お金かけないように、YouTuberのストレッチ動画とかを見て運動してるよ』

『髪の毛を手入れするだけでOK! プリンやバサバサな髪の毛はアウト』

『プチプラでもいいから、ちゃんとしっかり化粧水・美容液・乳液をつける』

『なるべく毎日湯船に浸かって、化粧はやるようにしてる』

『リンパマッサージは絶対にした方がいいからやってみて』

年齢を言い訳に美容ケアをさぼると、本当にあっという間に老け感が出てきてしまいます。スキンケアやメイクが大事なのはもちろんですが、もしかすると気持ちがあがっていないことの表れなのかもしれません。「きれいなアラフォーになる!」「いくつになっても美しくありたい」というその気持ちこそが、アラフォー女性の美に必要なモチベーションなのではないでしょうか。

文・鈴木じゅん子 編集・しらたまよ イラスト・松本うち

鈴木じゅん子の記事一覧ページ

関連記事

【前編】元旦那から復縁の申し出。「再婚しても自分が浮気しそう」な恋愛体質のママに唖然
離婚をしたあとでも元配偶者と交流がある方は少なくないことでしょう。特にふたりの間にお子さんがいるとより連絡を取りやすいものかもしれません。今回の投稿者さんも離婚を経験したママさん。離婚後も元旦...
【前編】家族5人、旦那と子どもたちに自分のおかずまで食べつくされる……解決策は意外なところに!
食事にかかわる仕事には、とても多くのものがあります。メニューを考えること、買い物へ行くこと、料理することに後片付け。なかには子どもに食べさせることや、他の日の分の仕込み、お弁当づくりなどが含ま...
【前編】マイホーム選び失敗!?わが家を挟んだ両隣のお宅が仲良しで気まずい……
お隣さんとの仲は、なるべくなら良好でありたいものですよね。マイホームを購入したばかりなど、引っ越しづらい状況ともなるとその願いはさらに強まるものではないでしょうか。今回の投稿者さんはどうやらお...
参考トピ (by ママスタコミュニティ
あきらかに汚いババアですが綺麗になりたい
アラフォーくらいで美容やファッションに気を使っている人に質問したい