いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

【前編】大学受験に落ちた私!「授業料は払わない!」教育熱心な父から出た信じられない言葉……

私は地元の公立中学に入学するとき、父にこう言われました。「大学進学を見据えたら、A高校に進むのが一番いい。A高校専門の塾に通いなさい」A高校は地元では有名な公立の進学校です。「私があんなレベルの高い高校に行けるだろうか……」と不安に思いましたが、わが家では父が決めたことは絶対なのです。
【前編】大学受験に落ちた私!
「知らないことを知ることができる」「わからないことがわかるようになる」勉強が楽しくて仕方がありませんでした。

【前編】大学受験に落ちた私!
「伊藤さんなら大丈夫」私も父もその言葉を真に受けていました。そして迎えた受験本番。

【前編】大学受験に落ちた私!
「浪人はダメ」と強く言われていたため、焦って受けた近所の私立C大学の二次募集。なんとか合格し、浪人だけは免れることができました。「受験って本当に何が起こるかわからない……」惨敗した結果の悲しみに暮れるなか、父が放った言葉に私は戸惑いました。

後編へ続く。
脚本・rollingdell 作画・はなめがね 編集・一ノ瀬奈津

※この漫画は実在の人物のエピソードを元に構成していますが、一部脚色した部分があります。

はなめがねの記事一覧ページ

関連記事

【後編】大学受験に落ちた私!「恥ずかしいから出て行け」教育熱心な父から出た信じられない言葉……
志望していたB大学の受験に失敗し、C大学になんとか合格した私。しかし興奮した父は続けます。 「浪人はダメだと言ったはずだ。近所の人にも笑われるぞ!」浪人はダメとなると、私にはC大学しか選択肢はあ...
【前編】「脱ぎっぱなし、片づけない」義母に甘えまくりの義弟。もう大学生なのに…これって当たり前の光景なの?
今現在私は臨月で、義実家にお世話になっています。私には両親がいません。(20代前半のころ交通事故で他界している) 旦那は現在海外への単身赴任中なので、義実家への里帰りは義母のご厚意に甘えさせていただ...
【前編】旦那が子どもを放置して昼寝!その間に幼い子ども2人が外へ……「子どもが死んでもいいの!?」旦那の答えは……
土曜日は私がパートで、旦那が5歳と2歳の娘の面倒を見ていました。 どうしても土曜日に出勤しなくてはならず「今週の土曜は子どもたちを保育園に預けないで! 俺が見るよ!」と旦那が言ったからです。その言葉...