いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

【後編】「せっかく娘のひな祭りなのに!」義両親へのおもてなしを巡って夫と喧嘩になってしまいました

夫婦でイライラしながら、義両親を必死におもてなししたひな祭りが終わりました。
夫の身勝手に散々振り回され、しかも理不尽に八つ当たりされたことに怒りが収まりません。
その日は、夫と口をきかないまま1日を終えました。だんだんと、私もクールダウンしていき、改めてちゃんと自分の気持ちを夫に話そう、と思えるようになりました。
【後編】「せっかく娘のひな祭りなのに!」
夫「それは……両親に、家が綺麗なところを見せたくて……」
私「うん。……私、もう一つ気になってることがあるの。両手が塞がってて、椅子が邪魔で足でちょっと押しただけなのに、あなたに急に怒鳴られて……それがすごく嫌だった」
夫「ごめん……何か、お前がすごくイライラしてて、それで椅子をわざと蹴ったように見えたから……」
(そうか、そんな風に見えていたんだ……確かにあの日は焦ってイライラしてたかも)
夫「俺の方も……料理手伝うよって言ったのに、あからさまに邪魔だよ、みたいなトーンで流されて……それでイラッとして」
私「ごめん。パパ、料理し慣れてないから、余計時間かかっちゃうかなって思って……でも、そんな雰囲気出しちゃってたとしたら。私も悪かったよ」
お互いあの日は余裕がありませんでした。それでいろいろすれ違ったり、言葉を受け取り違えてしまったようです。

【後編】「せっかく娘のひな祭りなのに!」
「イベントを、お義父さんやお義母さんに楽しんでほしかった……んだろうね。でも確かにちょっと、肩に力入れ過ぎたかも……」
そう、小さい子どももいるし、急な話だったので、あそこまで凝って準備する必要はなかったのです。ちらし寿司なんてそれこそスーパーで買った物でもデリバリーでもよかったはず。部屋の飾りつけなんて必要なかったし、大掃除も、ひな祭りケーキも。

【後編】「せっかく娘のひな祭りなのに!」
こうして、きょとんとする娘を取り囲みながら、私と夫は来年の楽しいひな祭りに思いを馳せ、微笑んだのでした。

原案・ママスタコミュニティ 脚本・大島さくら 作画・べるこ 編集・秋澄乃

※この漫画はママスタコミュニティに寄せられた体験談やご意見を元に作成しています。

べるこの記事一覧ページ

関連記事

【前編】「せっかく娘のひな祭りなのに!」義両親へのおもてなしを巡って夫と喧嘩になってしまいました
我が家には1歳になったばかりの娘がいます。今年は生まれて2回目のひな祭りです。娘は1月末生まれなので、昨年は昼夜問わない授乳でほとんど眠れず朦朧としているところに、義両親が来て初節句フィーバー……本当...
【前編】義母が贈ってくれた五月人形を売ったら大変なことに
上の息子が初めての端午の節句を迎える際、義母から五月人形を贈りたいと言われました。最初は「好みもあるだろうから一緒に選びに行かない?」と言われたのですが、子育てで大変だったこともあり「お義母さんにお任...
【前編】ひな祭りのお祝いをしない母「私の家はよそと違うんだ……」その数年後……聞かされた真実
私は幼い頃、「子どもにまつわる行事」をお祝いしてもらえませんでした。七五三で着物を着た記憶もないし、ひな人形も家にありませんでした。 母は決まりが悪そうで、何かを隠しているような雰囲気もありまし...