いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

【前編】「せっかく娘のひな祭りなのに!」義両親へのおもてなしを巡って夫と喧嘩になってしまいました

我が家には1歳になったばかりの娘がいます。今年は生まれて2回目のひな祭りです。娘は1月末生まれなので、昨年は昼夜問わない授乳でほとんど眠れず朦朧としているところに、義両親が来て初節句フィーバー……本当に大変でした。今年のひな祭りは、家族だけでゆっくり過ごせそうだな……と思っていた矢先。
【前編】「せっかく娘のひな祭りなのに!」

義母から連絡がきてからはもう、鬼の形相で明日のひな祭りの準備をしました。
会社にいる夫にはメッセージを送りました。彼も初耳だったようで、驚きながらも「まあ、今からできる範囲で準備をしよう」と返事がきました。
娘の食事に、おむつ替え、お風呂、寝かしつけ……日々のルーティーンだけでも大変なのに、この上、ひな祭りのおもてなしの準備をしなければならない……。
【前編】「せっかく娘のひな祭りなのに!」
翌朝……。

私は6時に起きて、家族の朝食とすし飯の準備を始めました。炊いたご飯を寿司桶に入れ、酢を混ぜて、すし飯だけは完成しました。後は冷ますだけです。
いっぽう夫はというと、義両親がひな祭りに来てくれるのを喜んでいるようで、有休をとったそうです。朝から家にいました。(これで少しは準備を手伝ってもらえる)……と安堵した矢先。

【前編】「せっかく娘のひな祭りなのに!」
果たして準備は間に合うのでしょうか……?

中編へ続く。
原案・ママスタコミュニティ 脚本・大島さくら 作画・べるこ 編集・秋澄乃

※この漫画はママスタコミュニティに寄せられた体験談やご意見を元に作成しています。

べるこの記事一覧ページ

関連記事

【中編】「せっかく娘のひな祭りなのに!」義両親へのおもてなしを巡って夫と喧嘩になってしまいました
ひな祭りに急きょ来ることになった義両親。当日の朝、夫が突然、おもてなしを張り切り始めてしまいました。夫に引きずられるようにして「車で往復1時間のショッピングモール」に行くことになってしまいました。 ...
【前編】ひな祭りのお祝いをしない母「私の家はよそと違うんだ……」その数年後……聞かされた真実
私は幼い頃、「子どもにまつわる行事」をお祝いしてもらえませんでした。七五三で着物を着た記憶もないし、ひな人形も家にありませんでした。 母は決まりが悪そうで、何かを隠しているような雰囲気もありまし...
義母からのちらし寿司。断った私がいけなかった……?
結婚してから正直、義実家と良好な関係を築けていませんでした。 義母は嫌味っぽいし、何より義実家はしっかりと掃除されておらず、常にホコリやゴミが溜まっているような家です。不衛生なのも、個人的に受け付け...