いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

【後編】「まともな親に育てられたかった」毒親の記憶から抜け出せない私を救った言葉 #毒親日記

毒親に育てられた苦しさから、なかなか抜け出せずにいます。夜中に悪い夢を見て目を覚ましてしまうことも。
【毒親日記・後編】「私だってまともな親に育てて貰っていたら……」という気持ちから抜け出せません1

【毒親日記・後編】「私だってまともな親に育てて貰っていたら……」という気持ちから抜け出せません2
そんな私を見て、旦那が口をひらきました。
【毒親日記・後編】「私だってまともな親に育てて貰っていたら……」という気持ちから抜け出せません3

【毒親日記・後編】「私だってまともな親に育てて貰っていたら……」という気持ちから抜け出せません4
「自分で楽しい人生にするしかない」旦那の言葉に涙が止まりませんでした。子どもは親を選べないから、やはり育ちの違いを妬ましく思うことはあります。でも、それでも私は家庭を作り、旦那や娘と過ごしている。目の前のことに目を向けて、家族と一緒に毒親の呪縛を少しずつ解いていければいいな……そう今は思います。

原案・ママスタコミュニティ 脚本・渡辺多絵 作画・善哉あん 編集・一ノ瀬奈津

※この漫画はママスタコミュニティに寄せられた体験談やご意見を元に作成しています。

善哉あんの記事一覧ページ

関連記事

【前編】「まともな親に育てられたかった」毒親の記憶から抜け出せない私を救った言葉 #毒親日記
私には5歳の娘がいます。 娘のことは可愛いと感じるときはあるものの、心からの笑顔を向けることができません。そんな自分が大嫌いです。公園で子どもたちを遊ばせながらママ友と話しているときも……。 ...
【前編】ネグレクトの記憶がチョコレートでよみがえる。私は愛されていなかったのかな…… #毒親日記 【ケース33】
私の母はお金にだらしのない人でした。 電気やガスなどのライフラインが止まることなんてしょっちゅうで、暗闇の中で生活することも多く、さらにはお風呂のないアパートだったため冷たい水道でタオルを濡らし...
【ケース13】かつて放置子だった私。大人になっても実母の気持ちがわからない #毒親日記
次の記事:【ケース14】#毒親日記  脚本・渡辺多絵 作画・上野りゅうじん...