いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

いつもの夕飯をお店のメニューっぽく言ってみよう。和食の定番「味噌汁」は……?

094_レシピ_Ponko
夕方になるとお腹をすかせた子どもたちから「今日の夜ごはんは何?」と聞かれるママも多いことでしょう。子どもの健康と家計の事情を考えると、毎日子どもの好物ばかり出すことはできませんよね。時には「え~また?」「○○はやだ」と言われるメニューもあるのではないでしょうか。そんなときは先手必勝! 子どもたちからそんな言葉を言われないよう、献立を“それっぽく”言ってみるのはどうでしょう。ちょっとの工夫で子どもたちの反応が変わってくるかもしれませんよ。

食欲をそそるシズル感を演出

ママスタコミュニティのママたちからまず挙がったのは、シズル感を演出する言葉たちだったようです。

『パリッとジューシー焼くだけ餃子 ブロッコリーとスナップえんどう~マヨネーズを添えて』

『やわらかヒレカツのとろとろ卵カツ丼』

『とろとろ目玉焼き~カリカリベーコン添え~』

『脂が乗ったサーモンのサラダ』

「ジューシー」は、お肉料理には使いやすそうなワードですね。カフェやレストランのメニューをイメージしたかのような献立がズラリ。「とろとろ」や「カリカリ」がつくだけで食欲がそそられます。ちょっと言い方を変えるだけで「いつもと違うのかな?」と子どもたちもワクワクしてくれそうですね。

野菜にはみずみずしさをプラスしよう

『季節の野菜のカルボナーラ』

『旬の野菜をたっぷり焼きうどん』

『〇〇さん農園の甘みたっぷり白菜と海鮮の土鍋煮込み麺つゆ仕立て』

『旬の白菜とベーコンで作る簡単中華丼』

『チキンソテーのこだわりソース 地元野菜添え』

旬の野菜は栄養がたっぷりで値段もお手頃となると、食卓に登場する回数も増えますよね。しかし登場しすぎてしまうと飽きられてしまうことも……。「今が旬」や「農園」など、新鮮やみずみずしさを強調するのがポイントのようです。家庭菜園や実家からの頂き物も「○○農園」と変換しちゃいましょう。

いつものメニューが大変身!

食卓に登場する機会の多いあのメニューも今夜はひと味ちがうかもしれません。

定番の日本食「味噌汁」はどうなった?

『しじみのJapanese soup』

『シェフの気まぐれ味噌スープ』

『自社農園で採れた具沢山味噌汁』

『玉子と白菜の田舎風ほっこりお味噌汁』

『甘味たっぷりの大根とワカメのお味噌汁』

英語にしてみたり、雰囲気を伝えたり、定番料理だからこそのバリエーションで味噌汁を表現してくれたママたち。冷蔵庫をあけてササッと作ることができる味噌汁は、ママたちの気まぐれスープといっても過言ではないでしょう。

子どもたちの大好物も一工夫

『ごろごろ野菜とチキンのスパイス煮込み(カレー)』

『ニラと豚の宝箱~ガーリックの風に誘われて~(餃子)』

子どもたちが大好きなメニューが「今日のご飯はなんでしょうクイズ」に早変わりしたようですね。「今日のごはんは何?」と聞かれたら、調理法や具材に特化したメニュー名で答えてみるのも面白そう! 夕飯前の何気ない会話も、クイズ形式にすることでいつもより弾むのではないでしょうか。

ママたちの回答に座布団一枚!

ここまで来たら、もうママたちの大喜利大会です。共感ポイントたっぷりなメニュー名をどうぞ!

『味しみしみ一夜越しおでん』

昨日の残りものだってことは……気がつきません!?

『レタスのざく切りサラダ~お好みのドレッシングと共に~』

なんとなく手間が掛かっているような、魔法の言葉が添えられました!

『買いたて鶏もも肉の照り焼き』

さっきスーパーで買ったから鮮度抜群ですね(笑)。

『有名百貨店監修カリッじゅわ~唐揚げ』

○○監修というワードの破壊力たるや。

『本日のおすすめ総菜』

オススメ=見切り品……そんなことはもちろん内緒です!

『シェフ(夫)におまかせ~妻はゴロゴロ風まかせ~』

シュフは毎日がんばっていますから、たまにはゴロゴロしちゃいましょう。

メニュー名で子どもたちとコミュニケーションを

よく言う言葉、よく目にする文字、よくある光景も……角度を変えてみると新鮮に感じることってありますよね。メニュー名もそのひとつだったようです。食欲旺盛な子どもたちには「たっぷり」、「ゴロゴロ」といった言葉を入れるとインパクトのある料理に感じられますね。色とりどりの食材を使った献立のときは、「カラフル」や「あざやか」などといった言葉を使うとその魅力が伝わりやすいのではないでしょうか。

ボキャブラリーあふれるママたちによって、いつものメニューがお店のようなメニューに大変身しました。ママたちの発想が面白いなと感じた一方で、子どもたちとのコミュニケーションになりうる素敵なアイデアなのではないかと思った筆者なのでした。
さてと、今日の晩ご飯は……「胡麻の風味豊かな豆腐サラダ、極旨塩さば、出汁香る具だくさん味噌汁、炊きたてご飯」にしようかな。
お店のようなオシャレなメニュー名、みなさんもぜひ考えてみてくださいね!

文・荻野実紀子 編集・山内ウェンディ イラスト・Ponko

荻野実紀子の記事一覧ページ

関連記事

暮らしの知恵 に関する記事一覧
大量消費で大助かり!大根1本があっという間になくなるメニューをご紹介
大根がお手頃価格だと、カットされた大根ではなく1本丸ごと買う機会が増えますね。ところが、安い! と思って買った後に、「この大きな大根1本をどう消費するか……」ということで筆者は悩んでしまうので...
買っても激安!幅広いメニューに変身する「パンの耳」を活用しよう
わざわざお店でパンの耳を買ったことはないという方でも、サンドイッチを作るときにカットしたパンの耳を使って、何か一品を作ったことがある方は多いはず。パンの耳の活用法としては、揚げて砂糖をまぶす、簡単...
参考トピ (by ママスタコミュニティ
今日の夕飯をそれっぽく書くトピ